静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

注文住宅を建てる流れ|7つのステップと支払い費用についての注意点

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 注文住宅を建てる流れ|7つのステップと支払い費用についての注意点

注文住宅を建てる流れ|7つのステップと支払い費用についての注意点

更新日:
注文住宅を建てる流れ|7つのステップと支払い費用についての注意点

「効率よく家を建てるためにも、注文住宅を建てる流れについて知りたい」

「注文住宅を建てる流れの中で、何か注意するべき点はあるの?」

理想の家づくりを効率よく進めるためには、家づくりの全体像を把握することが大切です。家づくりの全体像を把握するための第一歩として、住宅を建てる流れを知りたいと考えることは最適な方法ともいえます。

注文住宅を建てる流れを把握することで、それぞれの段階で注意しなければいけないポイントや、事前に考えておきたいことなどを理解できるでしょう。

注文住宅を建てる流れ

この記事では、注文住宅を建てる流れとあわせて

  • 注文住宅を建てる流れ
  • 注文住宅を建てるためにかかる期間
  • 注文住宅にかかる費用と支払いタイミング
  • 注文住宅を建てる際の注意点

などについて、詳しく解説していきます。

効率よく理想の注文住宅を建てるためにも、この記事で解説していく注文住宅を建てる流れや支払いタイミングなどの情報を活用してみてください。

1. 注文住宅を建てる流れを7つに分けて紹介

1. 注文住宅を建てる流れを7つに分けて紹介

注文住宅を建てる流れは、イメージ作りから住宅が完成するまでの7つのステップで分けられます。

将来設計や費用計画、ハウスメーカーや土地選びなど、それぞれの工程には少なくとも2ヶ月以上の時間がかかります。

イメージ作りから住宅が完成するまでの7つのステップ

注文住宅を建てると決めてから、建物が完成して引き渡されるまでは1年以上かかります。それぞれの工程をスムーズに進めるためには、注文住宅を建てる流れと併せて、事前に考えておくべきポイントを把握しておくことが大切です。

事前に注文住宅を建てるためのステップを把握していないと、それぞれの工程で悩んでしまい打ち合わせ回数が増えて期間が伸びてしまう場合も考えられます。

注文住宅の流れを把握して効率よく注文住宅を建てるために、これから紹介する7つのステップとそれぞれ意識したいポイントを覚えておきましょう。

1-1. STEP1|どんな家にしたいのか予算も含めてシミュレーションする

1-1. STEP1|どんな家にしたいのか予算も含めてシミュレーションする

注文住宅にだけに限らず、家を建てる流れの第一段階は、将来設計も含めたシミュレーションです。

どのような家を建てたいのか明確になっていないと、この段階で大幅な時間ロスをしてしまいます。注文住宅についての情報収集を進めていくと、魅力的な情報が飛び込んできて、どんな家を建てたいのか悩みはじめてしまう人もいるのです。

今後の長い人生を過ごすための家を作るには

  • 将来どんな暮らしをしたいのか?
  • ローンの返済計画は無理のないものか?

などを考えながらシミュレーションをしてみましょう。家づくりのイメージが具体的になると、間取りや設備、建築予算などの情報収集も効果的に進められます。

1-1-1. どんな暮らしにしたいのか考える

理想とする注文住宅の間取りや環境を考えるためには、将来の家族構成やどのような暮らしをしたいのかをしっかりと考えておきましょう。

将来的に子どもをもつ家族構成と、夫婦のみで暮らしていく場合では理想の間取りや設備も変わってくるのです。

どのようなポイントを意識して将来について考えるのがオススメなのか、参考例を紹介します。

将来について考える際の参考例

家族構成について

子どもは何人欲しいか考える

子どもが自立するタイミングを考える

将来両親と同居の予定がある

環境について

子育てに便利な環境

通勤や買い物に便利な環境

病院がそばにある安心できる環境

暮らしについて

開放的な暮らし

多くの人を家に招く、賑やかな暮らし

ミニマルでシンプルな暮らし

間取りを変えられる柔軟な暮らし

この表のように、将来設計を考えておくと必要な間取りや設備、土地を選ぶ際の条件などを導き出せます。

もちろん、すべての希望を兼ね備えた注文住宅を建てるのは難しいのが現実です。しかし導き出した条件に優先順位をつけることで、理想の家づくりに近づけます。

より具体的な家づくりのイメージを作るためにも、将来の暮らしについてシミュレーションしてみましょう。

1-1-2. 無理のない範囲で建築予算を考える

これから家を建てる人が不安を感じてしまうのが、家を建てるためにかかる費用と住宅ローンの返済額です。

家を建築するには多額の予算を確保しなければなりません。住宅金融支援機構が発表している「フラット35利用者調査」では、土地がある場合の注文住宅建設費用は3,533万円で、土地がない場合は4,397万円であると発表されています。

フラット35利用者調査

出典:住宅金融支援機構|フラット35利用調査票

多くの人が、この多額の建築費用や土地購入費用を工面するために住宅ローンを活用しています。家を建てるための予算が決まったら、必要な建築費用をカバーするための住宅ローンを借りなければいけません。

しかし、住宅ローンを借りすぎてしまい、その後のローン返済が負担になってしまう場合もあります。ローン返済で苦しまないためにも、無理のない予算計画を立てたうえで家づくりのイメージをしてみましょう。

この高額な建築費用の内訳については、3.注文住宅にかかる費用目安で具体的に紹介していきます。

1-2. STEP2|注文住宅の依頼先と土地探しを始める

1-2. STEP2|注文住宅の依頼先と土地探しを始める

家づくりのシミュレーションをしたことで、注文住宅に求める条件や予算を導き出したら、次は家の設計の依頼先や土地選びを始めます。

注文住宅を建てる場合は、家を設計してくれるハウスメーカーや工務店を探すことから始めましょう。ハウスメーカーや工務店が決まってから、土地探しを始めるのがオススメです。

なぜなら、建築会社によって建築できる土地の条件が変わってしまう場合があるからです。

「このハウスメーカー(工務店)で家を建てたい!」と思ったのにも関わらず、購入予定地との条件が合わず建築できない可能性も考えられます。

そのような状態を避けるためにも、土地探しもサポートしてくれるハウスメーカーや工務店を選んでみるのがオススメです。

ハウスメーカーと工務店それぞれのメリットとデメリットを把握すると、より選びやすくなるので参考にしてみましょう。

依頼先

メリット

デメリット

ハウスメーカー

  • お得なプランが選べる
  • 資材の品質が安定している
  • アフターサービスがある
  • 設計の自由度が低い
  • プラン外になると費用が割高になる

工務店

  • 地域密着型なので信頼できる
  • 柔軟に対応してくれる
  • フルオーダーできる
  • 設備費や資材費が、ハウスメーカーより割高になる
  • 品質が一定ではない

ハウスメーカーと工務店のどちらを選ぶかで、予算面や対応面などが大きく変わってしまいます。

どちらを選べばいいのか分からない場合は、「工務店とハウスメーカーの違い|徹底比較しどっちがおすすめか解説」で、それぞれの違いと判断基準を具体的に説明しているので参考にしてみてください。

1-2-1. 実際に体感しながらハウスメーカーや工務店を選ぶ

ハウスメーカーや工務店を探すためには、気になっている建築会社の店舗や住宅展示場、モデルハウスなどを訪れて、それぞれの違いを比較しながら選んでいきましょう。

建築会社それぞれの特徴と違いを把握するためには、何を基準にして比較するのかを事前に考えておくのもオススメです。

ハウスメーカーや工務店を選ぶ基準

構造や工法で選ぶ

木造・鉄骨・鉄筋コンクリートなど

デザインで選ぶ

シンプルモダン・和モダン・西洋スタイルなど

価格で選ぶ

こだわりたいポイントと予算が見合っているとかどうか

サービスで選ぶ

土地探しサポート・アフターサービス・保証内容など

建築会社の店舗やモデルハウスを訪れると、間取りだけではなく設備や素材を直に感じることができます。

カタログやネット上の情報では分からない設備や素材の質感を体感するためには、実際に目で見て触れる体験が大切です。

信頼できる建築会社を探すためには、気になっている建築会社を2社〜4社程度まで絞り込み、実際に訪れて肌で感じながら選んでみましょう。

1-2-2. 求める条件に優先順位をつけて土地を探す

注文住宅を建てるための土地を探すためには、理想の家を建てるための条件に優先順位をつけてから土地を探しましょう。

もちろん、全ての条件を満たした土地に出会えるのが理想です。しかしこだわりすぎて土地が見つからずに家が建てられずに2年経過してしまったという人もいます。

そのような状態にならないためにも、事前に求める条件に優先順位をつけておきましょう。

注文住宅を建てる土地に求める条件例

利便性

最寄駅や勤務先までの交通アクセス

保育園や学校などの校区

ショッピングセンターや病院までの距離

相場

予算に収まる土地

周辺エリアの発展を考え、今後の相場を考える

こだわり

土地の面積・角地・道路と接している面積など

時間帯によって違う日当たり

近隣住人の雰囲気など

この表のように、土地に求める条件を挙げたうえで、何が一番重要なのか順番に優先順位をつけてみてください。そして、可能な限り上位の優先順位を満たしてくれる土地を探してみましょう。

たとえ一定の条件を満たせない土地の場合でも、「何を満たしたいのか」が明確になっていれば住宅の設計段階でカバーすることもできるかもしれません。

土地選びはタイミングが重要になってくるので、求める条件を建設会社や不動産に伝えてプロにサポートしてもらいながら探すのがオススメです。

1-3. STEP3|業者ごとの間取りプランや見積書を比較する

1-3. STEP3|業者ごとの間取りプランや見積書を比較する

住宅展示場訪問や情報収集で、気になるハウスメーカーや工務店を数社に絞り込んだら、それぞれを比較して建築会社を決めましょう。

具体的な要望に対して、どのような提案を出してくれるのかが判断基準のひとつになります。

ハウスメーカーや工務店に間取りプランや相見積もりを依頼する際には、以下のようなポイントを伝えましょう。

要望について

  • 間取りのイメージや、全体のデザイン
  • 設備や素材の具体的な希望
  • 「こんな家にしたい」というイメージや、参考写真
  • 「こんな家は嫌だ」という不安要素

予算について

  • 予算の目安
  • プランに合わせて予算アップが可能かどうか
  • 予算が決まっていない場合は、毎月のローン返済が可能な金額

このように具体的なポイントを伝えておくことで、より理想に近い提案を出してもらえる可能性が高くなるのです。

同じ条件を複数の業者に渡したとしても、出来上がってくる提案内容や見積金額は違います。ハウスメーカーや工務店によって、注文住宅の完成形も変わるので、しっかりと比較して選びましょう。

相見積もりを取るための要望を伝えたいけれど、どんな間取りにしたいか決まっていないという方もいるでしょう。そんな方は、注文住宅にオススメの間取り20選を紹介している「おすすめの注文住宅の間取り20選!【こだわるべきポイント9つ付】」という記事を参考にしてください。

1-4. STEP4|具体的なプランを決定する

1-4. STEP4|具体的なプランを決定する

複数のハウスメーカーや工務店を比較し、建築会社が決まったら、より具体的な設計プランを決めていきます。

理想の家を建てるためにも、疑問に思ったことは担当者に確認しながら進めていきましょう。

プラン作成の段階で、納得できずに進めてしまうと完成後に不満を感じながら住み続けなければいけなくなってしまいます。

家づくりに対する希望や要望を伝えながら、意見を反映させたプランを作るためにも、遠慮しすぎないようにしましょう。

ハウスメーカーや工務店は、家づくりに対する不満点や疑問点、そして要望をきちんと理解して寄り添ってくれます。

理想の家を作るためにも、打ち合わせを繰り返しながら具体的なプランを決めていきましょう。

1-5. STEP5|工事や土地購入、住宅ローンなどの契約を結ぶ

1-5. STEP5|工事や土地購入、住宅ローンなどの契約を結ぶ

具体的な注文住宅のプランや家を建てる土地などが決まったら、ハウスメーカーや不動産、そして金融機関と契約を結びます。

注文住宅を建てる際に必要になる契約には、大きく分けて3種類の契約があります。

種類

契約先

内容

工事請負契約

ハウスメーカーや工務店

間取りやプラン、見積もり内容に納得した段階で結ぶ建築工事に関する契約

土地売買契約

不動産会社

家を建てるための土地を購入する際の契約

住宅ローン契約

金融機関

不動産の購入費や住宅建設費などに利用するための資金を確保するためのローン契約

さまざまな条件や見積もり金額に納得した段階で、本契約を結びます。

契約を結んだ後は、プラン変更や金額変更が自由にできなくなってしまう場合がほとんどなので、納得できる内容で契約を結びましょう。

1-6. STEP6|着工する

1-6. STEP6|着工する

注文住宅のプランが確定し、ハウスメーカーや工務店と工事請負契約を結んだら、注文住宅の工事に着工します。

地域や工法によって差はありますが、着工してから完成までにかかる期間は約4ヶ月〜6ヶ月が目安です。

着工前には、近隣住人への工事の挨拶や地鎮祭をおこない、骨組み完成後には上棟式などを行う場合もあります。

工事が始まったら、進行状況などを確認するために、現場に足を運んで現場スタッフと交流しながら状況を確認しましょう。定期的に進行状況を確認することで、完成後に不満を感じてしまう可能性を減らせます。

着工と同時に発生するのが、費用の支払いです。注文住宅の費用は、着工から完成までの間に何回かに分けて支払わなければいけません。

着工で発生する支払いについては、4.注文住宅の費用支払いスケジュールで具体的に解説していきます。

1-7. STEP7|完成し内覧会を経て引き渡し

1-7. STEP7|完成し内覧会を経て引き渡し

注文住宅が完成したら内覧会を経て、家の引き渡しとなります。

工事が完了したからといって、すぐに引越しができるわけではありません。引き渡しの前に、完成後の仕上がりをチェックする内覧会をしなければいけません。

内覧会で主にチェックする項目

  • 図面通りの仕上がりになっているかどうか
  • 壁や床に汚れや傷はないか
  • 床や扉からきしみ音はしないか
  • 備え付けの家具や扉などの不具合はないか

「要望通りの仕上がりになっているのか?」「どこか不満を感じる点はないのか?」を内覧会で確認します。気になる箇所が見つかった場合は、その箇所の修理をしたうえで引き渡しとなるので、しっかりと状態を確認するようにしましょう。

住宅の不具合修理も終わり、すべての作業が完了した段階で、はじめて引き渡しが可能なのです。

完成住宅が引き渡しとなると、建築費用を支払うための住宅ローンが融資されます。融資された住宅ローンで建築費用の全額支払いをおこなうと同時に、ローン返済がはじまると覚えておきましょう。

住宅の引き渡しが終われば、その注文住宅は建築主のものとなります。引越しスケジュールを考える際には、引き渡し日を基準として予定を立てるようにしましょう。

2. 土地が決まっていると住宅完成までの期間が短くなる

2. 土地が決まっていると住宅完成までの期間が短くなる

注文住宅の検討を始めてから、実際に住宅が完成して引き渡されるまでの期間は1年以上かかるのが一般的です。

しかし、すでに土地がある場合は土地を探すための時間が必要ないので、完成までの期間を短くできます。

すでに土地がある場合に省ける手順

  • 土地を探すための時間
  • 土地の売買契約をするための手続き
  • 土地購入のための融資を受けるための手続き

土地つきの注文住宅ではなく、自分で土地探しをして売買契約を結ぶためには4ヶ月〜1年程の期間が必要です。

一生住むであろう土地を探すので、土地の購入を決断するのには時間がかかってしまいます。ハウスメーカー選びと同時進行した場合でも、土地探しに時間がかかってしまう場合もあるのです。

すでに土地がある場合は、土地探しにかかるであろう4ヶ月以上の期間が必要なくなります。そのため、注文住宅が完成するまでの期間を大幅に短縮して10ヶ月ほどにすることも可能なのです。

注文住宅が完成するまでにかかる期間は、土地がない場合は約1年半で、土地がある場合は約10ヶ月ほどになると覚えておきましょう。

3. 注文住宅にかかる費用目安

3. 注文住宅にかかる費用目安

注文住宅が完成するまでの流れと期間について理解したら、次は注文住宅を建てる際に必要な費用について学んでいきましょう。

フラット35利用者調査で発表された最新データによると、土地代を含まない注文住宅建設費用の平均額は3,533万円です。

この何千万円という高額な建設費用に加えて、家を建てるためには別途諸費用が発生します。

建設費用

その他

本体工事費(建設費)

別途工事費(その他の工事費)

諸費用

注文住宅を建てるために必要な予算を導き出すためにも、これから紹介する細かい費用内訳を理解しておきましょう。

3-1. 本体工事費

本体工事費とは、注文住宅を建てるために必要な「建築費」と呼ばれる費用です。

建築費用全体の75%〜80%程が、本体工事費として考えられます。

3-1. 本体工事費

本体工事費の内訳例

  • 仮設工事
  • 基礎工事
  • 外装や屋根、断熱材や壁材の取り付け工事(建具を含む)
  • 水道管や電線、空調や住宅設備の設置工事

このように、住宅の骨組みになるような構造に関連する費用が本体工事費に含まれています。

3-2. 別途工事費(附帯工事費)

別途工事費とは、住宅の構造以外にかかってくる工事費です。

土地の状態や、注文住宅のプランによって、発生する別途工事費が変わってくるので費用は変動します。

3-2. 別途工事費(附帯工事費)

別途工事費の内訳例

  • 外構工事費(庭や塀、駐車場など住宅以外の外構工事)
  • 照明器具工事費
  • カーテン工事費(各部屋のカーテン設置の工事)
  • 特殊設備工事費(インターネット設備工事など)
  • 屋外電気工事費
  • 地盤改良工事費
  • 古い建物の解体費

住宅の構造以外に関する設置工事は、このように別途工事費に含まれます。また、家を建てる土地が軟弱な場合は土地改良工事などが必要になる場合もあるのです。

ハウスメーカーからの見積もりを確認する際は、別途工事費(附帯工事費)の金額が含まれているのか確認しましょう。

3-3. 諸費用

諸経費とは、注文住宅を建てる際に発生する建設・工事費以外の費用です。手数料だけではなく、地鎮祭や上棟式の費用や、引越し代金も諸費用に含まれています。

3-3. 諸費用

諸費用の内訳例

  • 不動産にかかる税金
  • 契約書に使う収入印紙代
  • 不動産の登記費用
  • 建築確認申請費用
  • 設計料(工務店や設計事務所に依頼した場合のみ)
  • 地鎮祭や上棟式にかかる費用
  • 工事現場への差し入れや、近隣の方への差し入れ
  • 住宅ローン手数料
  • 火災保険料
  • 引越し代

このように、注文住宅を建てる際には、建築費以外にもさまざまな費用が発生します。

注文住宅の予算計画を立てるためには、建築費以外にもかかってくる必要費用を把握しておかなければいけません。

ハウスメーカーや工務店によっては、諸費用が見積書に記載されていない場合があります。契約後に諸費用が追加請求されてしまわないためにも、見積書に諸費用が記載されているのかを確認しておきましょう。

住宅を建てるための費用だけではなく土地購入費も必要になる

住宅の建築費用内訳について紹介してきました。しかし土地も購入する場合は、注文住宅の建築費用に加えて土地購入代金が発生します。

「家を建てる費用の最新相場を徹底解説【土地あり・なし・エリア別】」の記事では、最新データを元に土地がある場合と、土地がない場合の費用相場を紹介しています。費用を抑えるためのポイントも紹介しているので、参考にしてみてください。

4. 注文住宅の費用支払いスケジュール

4. 注文住宅の費用支払いスケジュール

何千万円という建築費用の支払いは、工事に着工してから完成するまでの期間に3〜4回に分けて分割して行うのが一般的です。

支払いタイミング

支払い内容

見積り作成時

見積り作成代金(手付金)

メーカーによって必要な場合がある

工事請負契約時

申込金(手付金)

建築費用の約10%

着工時

中間金

建築費用の約30%

着工中(上棟時)

建築費用の約30%

引き渡し時

未払いの残金

建築費用の約30%

このように、工事に着工してから段階ごとに建築費用の支払いが発生します。

例えば、注文住宅を建てるための費用が3,000万円の場合は「300万円・900万円・900万円・900万円」と分割して支払わなければいけません。

住宅ローンが融資されるまでの間は、つなぎ融資を利用するか現金を用意しなければいけないので、支払いタイミングを把握することが重要です。

住宅ローンが融資されるタイミングや注意点については、5-3.建築費用を支払うためには現金かつなぎ融資が必要になるので具体的にお話しします。

5. 注文住宅を建てる際の注意点

5. 注文住宅を建てる際の注意点

注文住宅を建てたいけれど、調べ始めたら魅力的なプランばかりで迷ってしまい、なかなか決断できないという人は多いでしょう。

注文住宅を建てる際の全体像を把握するだけではなく、

  • 将来設計をしっかり考えておく
  • 契約前に具体的に話を詰めておく
  • つなぎ融資の利用を検討する

などのポイントに注意が必要です。

ここで紹介する注意点を把握したうえで、注文住宅を建てる準備を進めていきましょう。

5-1. しっかりと将来設計しないと完成後に後悔してしまう

注文住宅の間取りや設備を考えるためには、第一段階でもある将来のシミュレーションが重要です。

将来設計が曖昧なままで「今、住みたい家」をイメージしながら間取りや設備を考えてしまうと、実際に完成した家に住み始めてから後悔してしまう可能性があります。

5-1. しっかりと将来設計しないと完成後に後悔してしまう

家が完成してしまった場合は、間取りや設備を大きく変えるために追加費用が発生してしまいます。後悔をしないためにも、しっかりと将来設計について考えたうえで家づくりのイメージをしてみましょう。

実際に多くの人が「家を建てたけれど後悔している」と感じている実例と対策について、「マイホームで後悔しないために!後悔ポイント一覧と事例別の対策方法」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

5-2. 契約後にプランや間取りを変更すると追加料金が発生する

注文住宅の間取りや内装の変更などは、契約前にしっかりと確認して契約後に変更が発生しないようにしましょう。

契約を結んだ後に、変更が発生してしまうと追加費用を請求されてしまう場合があります。見積書に、契約後の変更対応や追加費用についての記載がされているのか確認しておきましょう。

契約後に変更したくなる参考例

床材の素材や色の変更

すでに発注済みの素材のキャンセル料と人件費、新たな素材購入費などを含めて100万円〜200万円以上の追加費用がかかる可能性がある

外壁の変更

間取りの変更

坪数が変わらない場合は10万円以上、坪数が変わる場合は100万円以上の追加費用がかかる

コンセント位置の変更

変更可能なタイミングであれば10万円〜100万円以上の追加費用がかかる

建具の変更

このように、契約を結んだ後の変更には追加費用が発生してしまいます。建築の進行状況によっては、変更できない場合もあるので注意が必要です。

契約後の度重なる変更で予算オーバーしてしまわないためにも、契約前の段階で間取りやプランを確定させましょう。

5-3. 建築費用を支払うためには現金かつなぎ融資が必要になる

5-3. 建築費用を支払うためには現金かつなぎ融資が必要になる

注文住宅を建てる際に必要な住宅ローンは、支払いが発生するタイミングで融資されるわけではありません。そのため、最初の支払いをするためには現金もしくはつなぎ融資が必要です。

住宅ローンは、住宅の建設工事が完了して建築主に引き渡された段階で正式に融資されます。そのため支払いが必要な、工事請負契約時や着工時の支払いには間に合いません。

そのような場合に利用できるのが「つなぎ融資」です。

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは、住宅ローンが融資されるまでの間に支払う中間金などを補填するために利用できるローンです。

つなぎ融資は一時的に借りられるローンとも呼ばれています。住宅が完成するまでに必要な費用を支払うために利用し、住宅ローンが融資されたタイミングで一括返済するのが一般的な流れです。

例えば、住宅ローンが融資されるからといって、現金やつなぎ融資を用意せずに手続きを進めてしまうと、支払いタイミングで大変な思いをしてしまいます。

手付金や中間金だけでも、数百万円が必要になってくるので預貯金だけでは不足してしまう場合もあるかもしれません。

支払いトラブルを避けるためにも、住宅ローンが融資されるまでの間に利用できる「つなぎ融資」を利用して資金調達を検討しておきましょう。

つなぎ融資は住宅ローンの契約をした金融機関が取り扱っている場合のみに利用できます。そのため、住宅ローン申請をする時点で、つなぎ融資の利用ができるかの確認が大切です。

6. 事前の住宅ローン審査で効率良く注文住宅を建てられる

6. 事前の住宅ローン審査で効率良く注文住宅を建てられる

注文住宅の流れについて理解したことで、より効率良く注文住宅を建てるためには、理想の暮らしや予算についてのイメージ作りが大切だと分かりました。

理想の暮らしや将来の家族設計についてのイメージ作りは自分でおこなえますが、予算についてのイメージ作りは銀行や専門家の知識が必要です。

予算のイメージを作るためには、

  • 現在の預貯金を計算する
  • 現在の収入と今後の収入見込みを計算する
  • 注文住宅を買うための自己資金額を考える
  • 住宅ローンの借入可能額を事前審査しておく

このように段階ごとに考えていく必要があります。ある程度の現状把握ができたら「実際のところ、いくらの住宅ローンを借りられるのか」を事前に調べておくのがオススメです。

注文住宅を建てるためにハウスメーカーや工務店選びを始める前に住宅ローン審査をすることで、無理なく返済していける住宅ローン額を把握できます。

事前に借りられる住宅ローン額が明確になっていると、注文住宅の設計を考える段階で悩む時間を短くできるのです。

予算イメージ

曖昧な予算イメージではなく、明確な予算イメージを持っておくことが大切です。

実際に借りられる住宅ローンの金額を調べるためには、住宅ローンサービスを提供している銀行の事前審査(仮審査)を受ける必要があります。

住宅ローンの事前審査で分かること

  • 住宅ローンの借入ができるのか
  • 住宅ローンを借りた場合の完済までにかかる年数
  • 借りられる住宅ローンの見込額

住宅ローンで借入できる見込額が分かっていれば、予算オーバーを避けられます。予算オーバーしなければ、支払いに必要な金額を借りられなかったというトラブルを回避できるのです。

住宅ローンの事前審査には、まだ注文住宅や土地の購入が決まっていない段階でも申し込めるタイプもあります。注文住宅の予算イメージを作るために、積極的に活用してみましょう。

【静岡県に家を建てるひと、必見!】「建てピタ しずおか」
新築お祝い金をプレゼント!!!

スマートな、注文住宅づくりは、建てピタ しずおか

7. まとめ

注文住宅を建てるための流れと費用、そして意識しておきたい注意点について紹介してきました。この記事で学んだポイントを振り返ってみましょう。

注文住宅を建てるためには、大きく分けて7つのステップがあります。

7. まとめ

注文住宅の手続きをスムーズに進めて、少しでも理想の家づくりに近づくためには住宅完成までの流れや全体像と注意点を理解することが大切です。

注文住宅を建てる流れを理解することで分かる大切なポイント

  • 将来設計や家族構成を考えて家づくりをシミュレーションする
  • 無理のない予算計画を考える
  • 複数の業者を比較して建築会社を選ぶ
  • 必要な費用と支払いタイミングを把握しておく
  • 住宅ローンの融資タイミングを把握しておく

注文住宅で理想の家づくりをするために、この記事で紹介した注文住宅を建てる流れと、それぞれの注意点や費用の支払いタイミングを参考にしてみてください。

記事を共有する