静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

浜松市の住みやすさのポイントは?アクセスの便利さや支援内容が魅力

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 浜松市の住みやすさのポイントは?アクセスの便利さや支援内容が魅力

浜松市の住みやすさのポイントは?アクセスの便利さや支援内容が魅力

更新日:
浜松市の住みやすさのポイントは?アクセスの便利さや支援内容が魅力

浜松市は、静岡県内でもっとも大きな市で、多くの人々が暮らす政令指定都市です。

この記事では、浜松市に住まいを建てたいと考えている方に向け、静岡県浜松市の魅力や特徴、住みやすさなどをご紹介します。

他県からの移住を考えている方や、子育て中の方は、浜松市がどのような支援制度を実施しているのか気になりますよね。

安心して暮らせる場所なのか、子育てをしやすい街なのかも詳しく解説していきますので、浜松市について情報収集をしておきたい方は、ぜひチェックしてみてください。

【浜松市 住みやすさのポイント!】

治安の良さ

アクセスの良さ

子育て世帯と移住者への支援

1.浜松市の基本情報

浜松市は、政令指定都市でありながら、豊かな自然にも恵まれています。

浜松市がどのような場所にあり、人口や面積、地形や気候がどのようなものなのか、基本的な情報からご紹介していきましょう。

浜松市は、人口79万人以上の政令指定都市です。

面積は1,558km²、静岡県ではもっとも大きな市で、全国でも岐阜市(2177km²)に次いで2番目の広さとなっています。

浜松市は、明治4年の廃藩置県とともに、遠江国を管轄する浜松県とされた後、明治9年に静岡県に統合されました。

明治22年には浜松町となり、明治44年の市制施行によって、現在の浜松市となりました。

昭和20年~40年代には、周辺の町村との合併を繰り返し、東海道新幹線、東名高速道路、国道1号線バイパスなどの交通整備が進み、平成15年には人口が60万人に到達。平成19年に政令指定都市となりました。

浜松市は、北に赤石山系、西に浜名湖、南に遠州灘、東に天竜川と、さまざまな自然に囲まれており、多くの景勝地があります。

浜松市の平均気温は16.6℃と比較的温暖ですが、冬は「遠州のからっ風」と呼ばれる、北西からの強い季節風が吹くため、少し寒く感じるようです。

また、浜松市は「浜名湖うなぎ」や「浜名湖アサリ」、「遠州灘天然トラフグ」、「遠州灘シラス」といった海の幸も豊富で、茶葉やみかんなどの農産物もあります。

そのほか、楽器の生産や車・バイクの生産なども盛んです。

2.浜松市の住みやすさの特徴・治安の良さ

浜松市の住みやすさの特徴・治安の良さ

浜松市で新築一戸建てや注文住宅を建てたいのであれば、治安の良し悪しも気になりますよね。

女性や子どもが安心して暮らせる街なのかもチェックしておきましょう。

浜松市は、全国にある政令指定都市の中では安心して住める街といえるでしょう。

特に、浜松市公式Webサイトに掲載のある「刑法犯認知件数の推移」によると、平成21年からの犯罪件数は順調に減っており、平成21年には9,464件だった犯罪件数も、平成30年には4216件と、ほぼ半減しています。

犯罪種別を見ても半数以上が窃盗犯であり、凶悪犯罪は非常に少ない地域です

区別の犯罪率を見ると、

  • 浜松市中区が1.48%
  • 浜松市東区が1.30%
  • 浜松市南区が1.10%
  • 浜松市西区が1.03%
  • 浜松市北区が0.99%
  • 浜松市浜北区が0.90%
  • 浜松市天竜区が0.44%

となっています。

3.浜松市の住みやすさの特徴・アクセスの良さ

浜松市の住みやすさの特徴・アクセスの良さ

浜松市は政令指定都市でもあるので、交通機関は比較的充実しています。

浜松市の道路や鉄道、空の便など、どのような交通アクセスがあるかチェックしておきましょう。

浜松市は日本のほぼ中央に位置しているため、東京や大阪などにも行きやすく、アクセスの良い街です

JR東海道新幹線「ひかり」に乗れば、東京と大阪には約1時間半、名古屋市には約30分で行けます。

「ひかり」はJR浜松駅に1時間に1本停車するため、旅行や出張にも非常に便利でしょう。

また、車で東名・新東名高速道路を使えば、東京と大阪には約3時間半、名古屋市には約1時間で行くことができます。

空路は、2009年6月に開港した富士山静岡空港(静岡県牧之原市)から、札幌(新千歳)に約1時間50分、福岡に約1時間35分、鹿児島に約1時間35分、沖縄の那覇に約2時間25分となっています。

加えて、中部国際空港(セントレア)や富士山静岡空港へは浜松からバスで行けるため、空港へのアクセスも良好です。

4.浜松市の住みやすさの特徴・子育て世帯と移住者への支援

浜松市の住みやすさの特徴・子育て世帯と移住者への支援

浜松市に家族で住むなら、子育て支援が充実しているかも確認しておきたいですよね。

ここでは、浜松市が取り組んでいる、さまざまな支援制度についてご紹介していきます。

【浜松市 子育て支援制度】
  1. 児童手当
  2. 児童扶養手当
  3. 乳幼児医療費助成制度
  4. 小・中・高校生世代医療費助成制度
  5. ファミリーサポートセンター
  6. ハマライフ住宅住宅取得費等補助金
  7. 浜松市はじめようハマライフ助成事業費補助金(移住・就業支援金)

4-1.児童手当

児童手当は、中学校3年生までの子どもを対象に手当が給付される制度です。

3歳未満はひとりにつき15,000円、3歳~小学生は第2子まで10,000円、第3子以降は15,000円、中学生以上は10,000円が支給されます。(所得制限限度額未満の場合)

4-2.児童扶養手当

離婚などで、父・母と生計を同じくしていない18歳まで(年度末まで)の児童を養育している、ひとり親家庭の父か母、または父母に代わってその児童を養育している方に支給される手当です。

4-3.乳幼児医療費助成制度

小学校入学前の子どもが医療機関にかかったときに、医療費の一部が助成される制度です。

助成額は、通院の場合は1回500円(500円未満の場合はその額)、入院の場合は1日500円(食事療養費は対象外)です。

4-4.小・中学生、高校生世代医療費助成制度

浜松市内に住んでいる小・中学生、高校生世代の子どもが浜松市の医療機関等を受診したときに、通院の場合は1回500円(500円未満の時はその額)、入院の場合は1日500円を助成する制度です。

4-5.ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートの入会者を対象にした、保育園児・幼稚園児の一時預かり支援制度です。

子どもを預かってほしい会員者(おねがい会員)の援助依頼をファミリーサポートセンター事務局が受付け、預り支援をする会員(まかせて会員)が、預かって子どもを見守ります。

4-6.ハマライフ住宅取得費等補助金

新築住宅の工事費、建売・中古・分譲マンション等の購入費、増築費、改築費、引越し移転費用など、市外から浜松市に移住する人に対象経費の2分の1まで(上限100万円)を支給する補助金制度です。

  • 夫婦共に40代まで
  • 移住する前の10年間のうち、通算5年以上市外に居住している
  • 移住した住宅に5年以上居住する意思を持っている

などが条件です。

4-7.浜松市はじめようハマライフ助成事業費補助金(移住・就業支援金)

東京圏(首都圏)から浜松市に移住して就業、起業等した方に対し、最大100万円を支給する補助金制度です。

単身者の移住=60万円、2人以上の世帯での移住=100万円、18歳未満の世帯員を帯同して移住する場合、一人につき30万円が支給されます。

※予算額の上限に達した場合、年度内の申し込みが締め切られる支援制度もあります。詳細は浜松市の公式Webサイトをご覧いただくか、市役所にお問い合わせください。

5.浜松市に住む際の注意点

浜松市に住む際の注意点

ここでは、浜松市で快適に暮らすために気を付けておきたいことをまとめました。

事前に確認して、快適な浜松市ライフを送りましょう。

浜松市では近くにスーパーや薬局、飲食店がない地域もあり、買い物まわりには自動車が必要になるケースも少なくないようです。

電車やバスの本数は多めで、遅い時間まで走っている地域もありますが、郊外から郊外へのアクセスは少ないため、頻繁に利用する施設が少し遠くにある場合には車がないと不便かもしれません

家族構成やそれぞれのライフスタイルによっては車が2台以上必要になるため、車の維持費や車検代なども計算に入れておく必要があるでしょう

こうした事情もあり、道路の渋滞も見られるようです。

子育て中の方は、通学路の安全や、それぞれの時間帯にどのくらいの時間でいけるのか、事前に確認しておきましょう

6.まとめ

浜松市は、歴史や伝統のある政令指定都市です。

個性豊かな自然にも恵まれており、新婚世帯や子育て世帯への支援も積極的に行われています。

浜松市はアクセスも良いため、お出かけ好き、旅行好きの方にも便利な街といえるでしょう。

その反面、地域によっては車がないと不便になることもあります。

利便性や、子育て環境などをしっかり加味して、浜松市のお気に入りエリアを探してみてください。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する