静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

静岡県のおすすめローコスト住宅メーカー|選ぶときのポイント

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 静岡県のおすすめローコスト住宅メーカー|選ぶときのポイント

静岡県のおすすめローコスト住宅メーカー|選ぶときのポイント

更新日:
静岡県のおすすめローコスト住宅メーカー|選ぶときのポイント

ローコスト住宅は、一般的なハウスメーカーよりも低価格で販売されている住宅です。

この記事では、ローコスト住宅の特徴や安く販売できる理由に加え、静岡県にあるローコスト住宅メーカーのなかでも特におすすめのハウスメーカーをご紹介していきます。

大手ハウスメーカーのカタログを見ていても、なかなかマイホームの夢がかないそうにない......とお悩みの方はローコスト住宅をご検討してみてはいかがでしょう?

1.ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、低価格で購入できるマイホームです。

低価格と聞くと「品質が悪いのでは?」と不安になってしまうかもしれませんが、ローコスト住宅には低価格で販売できる理由があります。

では早速、ローコスト住宅の特徴と低価格の理由から解説していきましょう。

ローコスト住宅に厳密な定義はありませんが、一般的には35坪前後で1,000万円台、坪単価20万円台~40万円台前半の住宅がローコスト住宅と呼ばれています

ローコスト住宅は建物にかかるお金が少ないため、その分のお金を趣味や子どものために使ったり、将来のために蓄えたりと人生設計の選択肢が増えます。

また、一般的な大手ハウスメーカーの価格に手が届かない方でも、マイホームの夢が叶えることができるでしょう。

1-1.低価格で提供できる理由

【コストを抑えるポイント】

材料費:プランを限定して同じ材料を大量注文

人件費:プランやタイプを限定して現場の効率アップ、工期の短縮で必要人数を削減

広告宣伝費:ローカル局や地方紙に限定

ローコスト住宅が低価格で販売できるのは、材料費・人件費・広告宣伝費などのコストを上手に抑えているからです。

たとえば、ローコスト住宅メーカーではある程度プランを限定し、その分同じ材料を大量注文しているメーカーが多いです。こうすることで材料の仕入れコストを抑え、価格を低くして販売できます。

ただし、購入する側の選択肢や自由度は制限されるので、ローコスト住宅は細部までこだわらずに家づくりをしたい方に向いています

小さな工務店であれば、複数の会社が協力し合って、共同で仕入れを行い、材料費のコストダウンを図っているケースもあるようです。

人件費もプランの限定や同じ材料の大量購入によってコストダウンを実現しています。

なぜなら、同じプランや住宅のタイプであればあらかじめ工場で作れる材料も多くなるため、現場での効率がアップし、工期の短縮が可能になるからです。

その分現場監督や職人の必要数を減らせるので、人件費が少なくて済みます。

さらに、ローコスト住宅メーカーは、大手ハウスメーカーが行っているような、住宅展示場でのモデルハウス建設や有名人を起用したテレビCMなどをおこなっていないケースが多いです。

ほかにも、ローカル局や地方紙に限定するといった工夫で広告宣伝費をカット。

このような経営戦略の上で、ローコスト住宅メーカーは低価格での住宅販売を可能にしています。

2.静岡県のおすすめローコスト住宅メーカー

静岡県のおすすめローコスト住宅メーカー

静岡県には低価格でも高品質・高性能な住宅を建てられるメーカーがたくさんあります。

ここでは、その中でも特におすすめのローコスト住宅メーカーをご紹介していきましょう。

2-1.ORANGE HOUSE(オレンジハウス)

ORANGE HOUSE

オレンジハウスの考える「家」は、人生そのもの。

共に過ごす家族が、1日1日最高の思い出を作っていける理想の家を目指しているハウスメーカーです。

オレンジハウスなら、新しく家を建てるとき、ライフステージに合わせて家をリノベーションしたいとき、家を住み替えたいとき、売りたいとき、どんなときでも人生をサポート。

取り扱う住宅はデザインも個性豊かなものばかりなので、買う人の理想にぴったりのお家が見つかるはずです。

ORANGE HOUSE(オレンジハウス)はこちら

2-2.Standard

Standard

Standardは、家に住む人の笑顔を大切にするハウスメーカーです。

家を建てるときはもちろん、建てたあともずっと安心・快適に過ごせる「一生に一度」の買い物をお手伝いします。

満足できる高品質、快適に過ごせる高性能、購入しやすい安心価格、誰かに見て欲しくなるデザイン性。

ぜひ、Standardにご相談ください。

建てて良かったと思えるマイホームが完成するはずです。

Standardはこちら

2-3.DAIBAHOME(ダイバホーム)

DAIBAHOME

ダイバホームは、培った知識と知恵、経験とノウハウを家族みんなが幸せになる家づくりに活かしています。

限られた予算を最大限に活かしながら人間工学に基づいたデザインと快適な暮らしを重視する設計で、低価格×ハイデザイン×ZEH基準の家を実現。

ローコストでも高性能な家が欲しい方は、設計士や建築家に直接相談もできるダイバホームの家づくりを検討してみてください。

DAIBAHOME(ダイバホーム)はこちら

2-4.アイダ設計

アイダ設計

アイダ設計は家族の愛情がすくすくと育めるような家を目指して、誠実な家づくりをするハウスメーカーです。

加工・配送・建築のすべてを自社のラインで確保し、流通コストの削減と効率化、品質の安定化を実現しています。

品質への安心感をさらに高めるため、社内検査に加え、第三者住宅検査機関による施工品質チェックも実施。

担当者による正直な説明、正直な見積もりで、家を買う人と同じ目線で、愛が育つ理想の家を考えます。

アイダ設計はこちら

2-5.遠鉄ホーム

遠鉄ホーム

遠鉄ホームのスタッフは約9割が地元出身者です。

地元をよく知り、地元を愛するスタッフだからこそ、その土地にベストな家づくりが実現します。

遠鉄ホームは80年以上に渡って地元の人たちと共に街を見守ってきました。

支えてきた大好きな地元に笑顔があふれ、引き渡し後もずっと大好きな地元でいられるよう、信頼関係の構築をなにより大切にしています。

遠鉄ホームであれば、初めての家づくりでも安心してまかせられるでしょう。

遠鉄ホームはこちら

2-6.GOOD Living(グッドリビング)

GOOD Living

グッドリビングは「いい家を、より安く」をモットーに、建てるときの建築費も、建てたあとのランニングコストも、低価格な家であることを大切にしています。

スケールメリットと設計力を磨き続けているので、自由設計の家づくりを楽しめる「TATTA!」をはじめ、ラインナップも豊富です。

予算を押さえつつもグレードは下げたくない方は、高品質の住宅を低価格で提供できるグッドリビングに相談してみてください。

GOOD Living(グッドリビング)はこちら

2-7.イシカワ

イシカワ

イシカワは、低価格でも高品質でちょっとカッコイイ家が作れるハウスメーカーです。

月々5万円台からでもOKな自由設計の家や1年中快適に過ごせる高性能な家など、イシカワなら夢を現実にできるプランが用意されています。

高気密・高断熱のZEH住宅や充実の設備、住んだあともずっと安心のアフターフォローなど、他社では諦めていた理想の家やオプションもイシカワの家づくりなら再チャレンジできるかもしれません。

イシカワはこちら

2-8.桧家住宅

桧家住宅

桧家住宅は、低価格でありながら快適に過ごせる高性能な住宅を提供しているハウスメーカーです。

高い技術を持つ会社同士のコラボレーションにより実現した、新時代冷暖システム『Z空調』やコミュニケーションや趣味をのびのび楽しめるオリジナル商品やアイデアなど、桧家住宅独自の魅力がたくさんあります。

住む人だけでなく街や環境も大切にする桧家住宅の住まいづくりなら、家族みんなにやさしい理想のマイホームを建てられるでしょう。

桧家住宅はこちら

2-9.nattoku住宅

nattoku住宅

納得住宅工房のこだわりは、理想の暮らしを表現するデザイン力や空間コーディネート力、家族や自然にも優しい材料の使用に加え、安心・安全・快適な住まいづくりです。

徹底したコストダウンの追求をしつつも、家を建ててからも支え続けるアフターフォローも充実しています。

理想を叶えてくれる納得住宅工房で、出会ってよかったと思えるマイホームを建ててみてください。

nattoku住宅はこちら

2-10.株式会社パバックス

パバックスの建てる家は、優れた耐震性・耐火性を兼ね備える2×6(ツーバイシックス)工法です。

また、高性能断熱材によって、冬は暖かく、夏は涼しい快適な住まいを提供します。

万が一の停電時にもTVの視聴、スマホの充電、冷蔵庫の使用ができる備えも完備。

パバックスのローコスト住宅なら低価格の家でも家族をしっかり守れるでしょう。

公式サイト:株式会社パバックス

2-11.スマイルホーム

スマイルホームは、浜松市を中心とした静岡県西部エリアで木造軸組工法の木造住宅を建てているハウスメーカーです。

「規格型ローコスト住宅」であるセミオーダー型住宅により、あらゆるコストをカットし、高品質な住宅を販売しています。

24パターンの間取りからお好きな間取りを選択できるので、子育て世代も納得の家づくりが可能です。

公式サイト:スマイルホーム

3.静岡県でローコスト住宅メーカーを選ぶときのポイント

静岡県でローコスト住宅メーカーを選ぶときのポイント

ここからは静岡県の気候や地域の特性を踏まえながら、静岡県でローコスト住宅メーカーを選ぶ際のポイントをチェックしていきましょう。

【ローコスト住宅メーカーを選ぶときのポイント】
  1. 静岡県の坪単価事情
  2. 設備・工事費を踏まえて価格を比較
  3. 地域に合わせた提案をしてくれるか
  4. 家族構成・将来性に対応しているか

静岡県は、県の北側にある日本一の高さを誇る「富士山」や日本で最も深い湾である駿河湾、観光地としても有名な伊豆半島など、自然の恵みも豊かです。

県全体としては山岳地帯が多く地形の変化に富んだ地域のため、静岡県で家を建てるなら地域や気候に合わせた家を建てる必要があるでしょう

3-1.静岡県の坪単価事情

静岡県は、首都圏などにくらべると、建売住宅よりも注文住宅が多い傾向にあります。

都道府県別の平均坪単価を見てみると、東京都は373万円と断トツのトップです。

2位の大阪が103万円、京都府88万円と続き、静岡県は14位の29万円となっています。

首都圏とくらべると坪単価がかなり低いため、注文住宅も建てるときも比較的土地代が安く抑えられ、その分設備に予算を回せるでしょう。

こうした事情も、注文住宅が多い背景になっているのかもしれません。

3-2.設備や工事費を踏まえた価格でくらべる

多くのローコスト住宅メーカーの売りは、もちろん「低価格」であることです。

そのため、広告などにはびっくりするほど安い販売価格が掲載されているかもしれません。

しかし、実際に家を建てるとなると、さまざまな工事費や設備費・オプション費用などが加算されていくため、理想を求めれば求めるほど広告に掲載されている価格よりも高くなっていくことが想定されるでしょう。

こういった背景から、工事費や諸経費、オプション追加料金なども含めてしっかりくらべる必要があります

特に、土地代は安いとしても、傾斜地であったり、地盤強化が必要であったりすると基礎工事だけで割高になる可能性も高いです。

担当者や営業マンとよく話し合い、情報を得つつ、誠実に話してくれるハウスメーカーを選びましょう。

3-3.地域に合わせた提案をしてくれるかどうか

静岡県は気候の変化にも富んだ地域です。

伊豆地方は冬場の冷え込みが厳しく、中部地方は温暖な気候ですが、大雨や強風が多いでしょう。

西部地方は比較的涼しい地域ですが、強風の日が多いという特徴もあります。

地域ごとの特性を踏まえた上で、快適に過ごせる家を提案してくれるハウスメーカーを選びましょう

ローコスト住宅でも、寒暖差のある地域なら気密性や断熱性にこだわった家を提案してくれたり、大きな地震に備えて耐震性の強さを説明してくれたりすれば、購入する側としてもおすすめの理由が理解でき、納得の家づくりができるでしょう。

3-4.家族構成や将来性に対応できるかどうか

静岡県には、浜松市や静岡市といった人口の多い市もあれば、人口密度が低くて自然豊かな地域もあります。

これからマイホームを持つ人にとっては家を建てる場所=生活する地域になるため、家族構成や子どもの成長、親世代との付き合い方なども考えていく必要があるでしょう。

ローコスト住宅メーカーを選ぶときも、家族構成や将来性を合わせてアドバイスしてくれるハウスメーカーを選んでみてください

とにかく住宅を売ることが第一だったり、早く決めさせようとおすすめポイントばかりをアピールしたりするメーカーはNG。

じっくり考え、一緒に将来を考えてくれる担当者なら信頼して任せられるでしょう。

4.まとめ

ローコスト住宅メーカーは材料費や人件費、広告宣伝費などを押さえて、低価格の住宅販売を可能にしています。ローコスト住宅は、大手ハウスメーカーの価格には手が届かない方や家以外にお金を投資したい方などに向いているでしょう。

一口に静岡県といっても、各地域、気候など地域性が異なります。

しっかり比較検討して、家族に合ったプランを提供してくれる誠実なハウスメーカーを探してみてください。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
1~2年以内に家を建てたい方
これから会員登録される方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する