静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

静岡県のおすすめ木造ハウスメーカー│選び方のポイントは?

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 静岡県のおすすめ木造ハウスメーカー│選び方のポイントは?

静岡県のおすすめ木造ハウスメーカー│選び方のポイントは?

更新日:
静岡県のおすすめ木造ハウスメーカー│選び方のポイントは?

木造住宅は、日本の一戸建て住宅でもっともよく採用されており、日本の気候や風土にもよく合います。

木造住宅を建てるのであれば、メリットやデメリットなど、木材の特性をよく理解した職人に建ててもらうのが満足できる家づくりのポイントとなるでしょう。

そこでこの記事では、木造住宅の特徴や工法、鉄骨住宅との違いに加え、静岡で木造住宅を建てるのにおすすめのハウスメーカーをご紹介していきます。

安全・安心・快適に暮らせる木造住宅を建てたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.木造住宅とは

木造住宅は、木材を使った木の家です。

ここでは、木造住宅がどのように作られ、鉄骨住宅とはどのような違いがあるかなどについて解説していきます。

木造住宅は主要部分に木材を使って建てられた家で、日本の一戸建ての住宅の90%以上を占めています

木造住宅以外では、「鉄骨造」や「鉄筋コンクリート造」、「鉄骨鉄筋コンクリート造」があります。

「鉄骨造」には軽量鉄骨造と重量鉄骨造があり、軽量鉄骨造は主に一戸建て住宅や2階建てのアパート・マンションで用いられ、重量鉄骨造は3階建て以上の建物などに用いられる構造です。

「鉄筋コンクリート造」は高層ビルや高層マンションに用いられ、高い防音性と耐震性があります。

「鉄骨鉄筋コンクリート造」は、鉄筋コンクリート造を鉄骨でさらに補強した建物です。

鉄筋コンクリートよりもさらに強い耐久性・耐震性・耐火性を兼ね備えています。

こうして見てみると、木造住宅が脆弱に思えるかもしれません。

しかし、木造住宅には木のしなやかさを利用した耐震性、燃え尽きにくい耐火性、湿度を調整する調湿性を持ち、日本で家を建てるのに向いています

1-1.木造住宅の工法

木造軸組工法 木造枠組壁工法

柱(縦の構造材)に梁(横の構造材)を組み合わせ、筋交わいを入れて補強しながら建造

木材で枠をつくり、合板などを釘で打ち付けて、壁・床・屋根を作る方法

木造住宅には、「木造軸組工法」と「木造枠組壁工法」(ツーバイフォー)の2種類の工法があります。

それぞれ、建造手順や耐震性、耐火性、リフォームのしやすさなど異なるため、木造住宅をどちらの工法で建てるのかは重要な選択です。

「木造軸組工法」は日本の伝統的な建築方法で、在来工法や伝統工法とも呼ばれます。

柱(縦の構造材)に梁(横の構造材)を組み合わせ、筋交いを入れて補強しながら建造していく方法です。

「木造枠組壁工法」は北米で生まれた建築方法で、ツーバイフォー工法とも呼ばれます。

木材で枠をつくってから合板などを釘で打ち付けていき、壁・床・屋根を作っていく方法です。

1-2.工法による特性の違い

地震の多い日本において大切な耐震性に関しては、木造軸組工法も木造枠組壁工法も建築基準法が定める一定レベルの耐震性を兼ね備えています。

従来は、面で支える木造枠組壁工法のほうが耐震性に優れているといわれていました。

しかし、近年では筋交いの代わりに構造用合板が使われるなど、木造枠組壁工法の良さも取り入れた耐震性の高い木造軸組工法もあります。

耐震性においては、工法の違いよりもハウスメーカーや職人の技術に左右されるでしょう

防火性においては、面で炎を跳ね返すため、一般的には木造枠組壁工法(ツーバイフォー)のほうが強いといわれています

その一方、木造軸組工法でも石膏ボードやグラスウールなど防火性の高い材料が用いられたり、燃え広がりにくい構造が考えられたりと、木造軸組工法で建てられる木造住宅の耐火性も向上しています

ハウスメーカーや工務店などが、どのような技術を用いているか確認してみましょう

1-3.耐用年数の違い

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造では、それぞれ耐用年数が異なります。

耐用年数とは資産を使用できる期間で、減価償却費を算出する為に用いられます。

構造 法定耐用年数
木造・合成樹脂造のもの 22年
木骨モルタル造のもの 20年
金属造のもの 3mm以下のもの 19年
3mm以上4mm以下のもの 27年
4mm以上のもの 38年
鉄筋コンクリート造のもの
鉄骨鉄筋コンクリート造のもの
47年

これは法律によって定められた法定耐用年数であり、機械や機器に対してメーカーが決める耐久年数とは異なります。

法定耐用年数が経過したからといって、家に住めなくなる、住むのが危なくなるということではありません

大切にメンテナンスを続ければ、法定耐用年を大幅に超えても住み続けることができます。

2.ハウスメーカーで木造の家を建てるメリット

ハウスメーカーで木造の家を建てるメリット

ハウスメーカーで木造の家を建てると、さまざまなメリットがあります。

ここでは、ハウスメーカーで木造住宅を建てたときの快適性や安全性、アフターフォローについて解説していきましょう。

ハウスメーカーで木造住宅を建てるメリット
  1. 建築コストが安い
  2. 快適に過ごせる家が建つ
  3. 間取りの自由度が高い
  4. 耐震性・耐火性のある家が建つ
  5. 完成した住宅をイメージしやすい

2-1.建築コストが安い

木造住宅は鉄骨造よりもコストが低く、同じ大きさの家を建てるのであれば、木造住宅のほうが総費用を抑えられます

特に、耐震性や耐久性が高い重量鉄骨造は建物全体の重量が上がるため、基礎工事のコストが高くなります。

木造住宅は家の重量が軽いため、比較的基礎工事の費用を抑えることができます。

軽量鉄骨造の住宅では工場で資材を作り、現場で組み立てるユニット工法も多く見られます。

その場合は比較的ローコストで住宅を建てられますが、価格面だけで見ると木材のほうが有利になることが多いでしょう。

資材が軽いため、運搬の費用も抑えられ、狭小地や傾斜地でも家が建てやすく、どのような土地でもコストを抑えられる点も木造住宅のメリットです。

2-2.快適に過ごせる家が建つ

木は加工がしやすく、昔から多くの家が木材で建設されてきました。

木の香りは自然と心を落ち着かせてくれるので、木で家を建てれば居心地の良い空間になります

ほっとするようなリビングや寝室に仕上がるでしょう。

また、木材はそのままでもデザイン性を高めるため、勾配天井にした上であえて梁を見せれば、カントリーな雰囲気を演出できます

そのほか、テラスやベランダ、屋上などにウッドデッキを設置している商品も人気で、ガーデニングや庭造りを楽しみたい人にも木造住宅はぴったりです。

ハウスメーカーはさまざまなデザインや外観、プランを用意しているので、自身では思いつかなかったようなおしゃれで心地良いデザインの木造住宅を建てられるかもしれません。

2-3.間取りの自由度が高い

木材は加工しやすい材料なので、鉄骨造にくらべると木造住宅は間取りやデザインの自由度が高く、家づくりの楽しみが増すでしょう

特に、木造軸組工法は柱や梁などの軸組で作っていくため、間取りやデザインを自分好みに変更しやすいです。

リフォームやリノベーションもしやすいため、将来性を見据えた設計にも向いています

一戸建て住宅に木造軸組工法が広く使われているのは、自由度が高いからかもしれません。

また、主に重量鉄骨造で使用されるラーメン工法を木造に用いた、木造ラーメン工法で建設しているハウスメーカーもあります。

木造ラーメン工法も比較的自由に間取りが選べ、木造軸組工法よりも広い空間が作りやすいです。

木造住宅に強いハウスメーカーなら、理想の間取りを実現できる工法やプランを提案してくれるでしょう。

2-4.耐震性や耐火性のある家が建つ

一般的に木材は鉄材より火に弱いと考えられがちですが、木材は意外と燃え尽きにくく、木造住宅は火災で倒壊しにくい特性を持っています

鉄は確かに耐火性が高い材料ですが、高熱にさらされると柔らかくなり、歪んだり倒壊しやすかったりと火に対するデメリットもあります。

また耐震性に関しても、木材は揺れを吸収して逃がす性質がある上、鉄骨造よりも軽いため、揺れの影響を受けにくい性質があります

木材の性質を上手に利用できるハウスメーカーが建てれば、十分地震に強い木造住宅を建設できるでしょう。

2-5.完成した住宅をイメージしやすい

大手ハウスメーカーは住宅展示場やモデルハウスなどを公開しているほか、映像技術を使って3Dで間取りの完成形を見られるケースもあります。

また、多くの住宅を手掛けているため、間取りや設備、動線やライフスタイルとの相性など、さまざまなモデルケースを提示してくれるでしょう。

自身の理想とハウスメーカーが公開・提示しているモデルが近いかどうかを確かめやすく、「こうすればよかった」「これは余計だった」という後悔が少なくなるはずです。

家づくりの際は必ず担当者がつくため、希望や気になる点は遠慮せずに相談してください

よく話し合いながらプランを練っていけば、納得の家づくりが楽しめるでしょう。

3.ハウスメーカーで木造の家を建てるデメリット

ハウスメーカーで木造の家を建てるデメリット

ハウスメーカーで木造住宅を作るときには、いくつかデメリットもあります。

任せきりにするのではなく、建築主として自ら注意しておきたいポイントを解説していきましょう。

ハウスメーカーで木造住宅を建てるデメリット
  1. シロアリ被害の対策が必要
  2. 職人の品質によって左右される
  3. 商品によっては自由度が制限される

3-1.シロアリ被害の対策が必要

木材にはどうしても害虫被害がつきものです。

特に、木材をエサにするシロアリ対策ができていないと、最悪の場合、家が倒壊するかもしれません

ハウスメーカーがシロアリ対策を行っていても、防除処理を行う際に見落としがあったり、対策が十分でなかったりすると、シロアリ被害が発生するため注意しておきましょう。

シロアリにも種類があり、日本に古くからいるヤマトシロアリや、乾燥した木材でも食べてしまうイエシロアリに加え、カンザイシロアリ、ダイコクシロアリなどいろいろなシロアリがいます。

湿ったところが好き、水がなくても大丈夫など、それぞれに特性があるため、地域と場所(床下・屋根裏など)に合わせたシロアリ対策をしっかり行うハウスメーカーを選んでください

3-2.職人の品質によって左右される

木造住宅のほとんどは加工済みで現場に運搬されますが、職人が現場で加工するケースもあります。

加工を行う職人のスキルによっては、住宅になんらかの欠陥が出るかもしれません。

加えて、建設がしっかり行われているかをチェックする現場監督の目も、手抜きや欠陥なく住宅を建設してもらえるかどうかを左右します

数多くの現場を経験している職人や監督がいれば、安心して家づくりを任せられるでしょう。

反対に、経験不足、技術不足、管理不足があるハウスメーカーだと、住み始めてから欠陥が見つかることもあるようです。

特に、ローコスト住宅やパワービルダー、分譲住宅などの木造住宅では注意が必要かもしれません。

3-3.商品によっては自由度が制限される

木造住宅は比較的間取りが自由に選べますが、工法や土地、ハウスメーカーの持っている技術や用意しているプランによっては間取りやデザインが思ったより選べない可能性もあります

加工しやすい木材だからといって、自身の理想がすべて実現すると考えないほうが良いかもしれません。

ハウスメーカーによっては、プラン変更や調整で予算が大幅にアップするようです。

どのような間取りなら可能でどこまで調整が可能なのか、設備やオプションを追加するとどのくらいの予算になるのかなど、細部までしっかり話し合いましょう

4.木造ハウスメーカーを選ぶポイント

木造ハウスメーカーを選ぶポイント

ハウスメーカーで木の家を建てるときのメリット・デメリットを踏まえた上で、今度はハウスメーカーの選び方を考えていきましょう。

安心して木造住宅の建築を任せられる、ハウスメーカー選びのポイントを解説していきます。

木造ハウスメーカーを選ぶときのポイント
  1. 得意な工法
  2. 耐震・耐火性能
  3. 環境性能
  4. デザイン
  5. 担当者との相性
  6. アフターサービス

4-1.工法

木造住宅には、「木造軸組工法」(在来工法)と「木造枠組壁工法」(ツーバイフォー工法)があります。

木造軸組工法は比較的間取りが自由に選べ、安価に建てられる特性があります。

一方、木造枠組壁工法は工期が短く、間取りはある程度限られます

じっくり時間をかけて間取りにこだわりたい方や将来のリフォームも考えている方は、木造軸組工法で建てるほうがいいかもしれません。

そして、間取りにはこだわらず、早く家を建てたい場合は木造枠組壁工法がおすすめです。

求めている家の建て方が可能かどうか、どちらの工法を得意としているかで、ハウスメーカーを選んでみましょう

4-2.耐震・耐火性能

耐震性能は耐震等級1~3に分かれ、数字が高いほど地震に対して強くなります。

耐震等級1の1.25倍の耐久力が耐震等級2、耐震等級1の1.5倍の耐久力が耐震等級3になります。

耐震等級3の家を建てられるハウスメーカーなら、震度7の地震が繰り返し起きても大きな被害のない家が建てられるでしょう

また、モルタルやグラスウール、石膏ボードなど、燃えにくい材料を使い、耐火性能が高い工法で建てているハウスメーカーなら、万が一の火災が起きても安心です

ハウスメーカーや工務店の使っている材料を確認して、耐火性をチェックしておきましょう。

4-3.環境性能

省エネルギー住宅であれば光熱費を押さえられ、家を長持ちさせられます

断熱性を表すUA値や気密性を表すC値の数字が小さいほど、性能の良い家です。

ハウスメーカーによって基準が異なることもあるため、担当者に確認してみましょう

また、オール電化システムや太陽光発電システム、全館空調システムなど、過ごしやすく環境にやさしい設備を用意しているハウスメーカーもあります。

初期費用はかかりますが、ランニングコストが低下する可能性もあるため、予算と理想をくらべながら選んでいきましょう。

4-4.デザイン

自分好みのデザインが選べるかどうかは、ハウスメーカー次第です。

同じ木造住宅でも、メーカーによってはあまり選択肢がないケースもあれば、外壁や屋根、玄関やガレージなど、さまざまなデザインが選択可能なケースもあります。

WEBサイトやカタログ、住宅展示場やモデルなどでデザインがどの程度選べるのかをチェックしておけば、後々あまり自分好みのデザインが選べなかったと後悔しなくて済むでしょう。

4-5.担当者との相性

同じハウスメーカーでも、担当者によって家づくりの満足度が変わるかもしれません。

また、ハウスメーカーや工務店の指針によっては、連絡の頻度や相談内容について不満に思うケースもあります。

自身の理想や不安に対し、しっかりと情報提供してくれる担当者がいるかどうかもハウスメーカー選びの重要ポイントです。

自身の理想を叶えてくれる営業マンか否かに着目してみましょう。

ここだと決めたハウスメーカーの営業マンがイマイチという場合には、担当者を変えてもらうのもひとつの方法です。

4-6.アフターサービス

住宅は何十年と使い続ける可能性が高い商品です。

ハウスメーカーの保証期間や保障内容もしっかり確認しておきましょう

特に、木造住宅ではシロアリ対策をはじめとする害虫対策が重要です。

耐震性能のチェックや設備のメンテナンスも含め、長く安心して住み続けられる保証やアフターサービスがしっかりしているかどうかもハウスメーカー選びのポイントとなるでしょう。

5.静岡県のおすすめ木造ハウスメーカー

静岡県のおすすめ木造ハウスメーカー

静岡県は山や海に面している土地が多く、自然災害にも注意が必要な場所です。

ここでは、静岡県で安心・安全・快適な木造住宅を建てるのにぴったりなハウスメーカーをご紹介していきましょう。

5-1.住友林業

住友林業の家は快適な住まいであることはもちろん、そこに家族の想いや思い出がたくさん生まれていく、そんな夢の空間を提供してくれます。

住み心地も、家の明るさも、内観・外観デザインも、すべての面で高い評価を受けている住友林業の家は設計満足度97%。

あたたかな木の質感を感じるだけでなく、耐震性や断熱性・耐火性などさまざまな面で木の性能を引き出し、安心・快適に住める木造住宅を提供してくれるでしょう。

公式サイト:住友林業

5-2.積水ハウス

積水ハウスの木造住宅は、独自技術であるシャーウッド構法です。

シャーウッド構法は木材が本来持つ自然のあたたかさを感じつつも、開放感あふれる大空間を楽しめる家を作り出します。

三方向の大きな窓や縦方向にも空間がダイナミックに広がる吹き抜け、自然との一体感を感じるアウターダイニングなど思わず誰かに自慢したくなるでしょう。

積水ハウスの木造住宅で「木の家」を自由に楽しんでみてください。

公式サイト:積水ハウス

5-3.ミサワホーム静岡

ミサワホーム静岡

ミサワホーム静岡は、安心してずっと住める家であることを大切にしています。

シンプルなデザインで、高い品質基準をクリア。

ライフステージの変化にも柔軟に対応し、安心して住み続けられる家族のふるさととなるでしょう。

1990年から32年連続でグッドデザイン賞を受賞するなど、防災・減災、環境保全などあらゆる面で時代を先取りした住まいをデザインしています。

ミサワホーム静岡はこちら

5-4.大和ハウス

大和ハウス

大和ハウスは、建てる、買う、貸す、借りるときだけに限らず、リフォームや売却、不動産活用など、人生の中であらゆる変化を見せる「住まい方」をサポートします。

人生で初めてのマイホーム購入や子どもの成長に合わせたリフォーム、家族みんなが一緒に暮らせる二世帯住宅など、家の在り方はさまざまです。

大和ハウスの家を選べば、そのときどきで納得のいく選択ができるよう、親身な相談相手となり、万全のアフターフォローを提案してくれるでしょう。

大和ハウスはこちら

5-5.セキスイハイム

セキスイハイム

セキスイハイムは、どこに住んでいても、どんな家を建てても、安定した高品質な住まいを提供してくれます。

セキスイハイムが採用しているのは、建設作業のほとんどを工場で行うユニット工法です。

天候や職人の技量に左右されないため、どんな家を建てても「設計通り」を実現してくれるでしょう。

地震や台風・豪雨といった脅威から家族をしっかり守りながら、快適な生活も楽しめるマイホームを建てたいなら、セキスイハイムに相談してみてください。

セキスイハイムはこちら

6.まとめ

木造住宅は断熱性・調湿性といった面で鉄骨住宅より優れており、高い技術で建てられた木造住宅は地震にも強く、耐震性も信頼できる家になります。

一方で木造住宅の品質は職人の腕に左右されやすい一面もあるため、土地選びや基礎作り、木の加工から工法までしっかり丁寧な仕事をしてくえるハウスメーカー選びが重要です。

選び方のポイントを押さえて、自身の建てたい家の理想と安心・安全・快適な木造住宅を実現できるハウスメーカーを選んでいきましょう。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する