静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

ハウスメーカーで建てるなら鉄骨住宅と木造住宅どちらがおすすめ?

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. ハウスメーカーで建てるなら鉄骨住宅と木造住宅どちらがおすすめ?

ハウスメーカーで建てるなら鉄骨住宅と木造住宅どちらがおすすめ?

更新日:
ハウスメーカーで建てるなら鉄骨住宅と木造住宅どちらがおすすめ?

ハウスメーカーで家を建てるとき、鉄骨住宅にするか、木造住宅にするかで悩む方は少なくありません。

この記事では、鉄骨住宅と木造住宅を徹底比較して、それぞれのおすすめポイントをご紹介していきます。

家を建てるときは、木造住宅・鉄骨住宅、それぞれの特性をよく理解しておくことが、満足できる家づくりにつながります。

今回は特に鉄骨住宅のメリットとデメリットにスポットを当てているので、大きな買い物である新築一戸建てをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

1.ハウスメーカー検討時に悩む鉄骨住宅と木造住宅の違い

ハウスメーカーに家づくりを依頼する際、まず悩むのが住宅のタイプです。

まずは、鉄骨住宅と木造住宅の違いをよく理解しておきましょう。

家づくりをする際には、鉄骨住宅か木造住宅かを選ばなければいけません。

鉄骨住宅とは、家の主要部分に鉄骨を使っている住宅のことです。

住宅を建設するときは、主に「軽量鉄骨」が使用されます。

一方、木造住宅とは、住宅の主要部分に木材が使われている家のことです。

日本の一戸建て住宅の約9割は木造住宅です。

ちなみに、アパートやワンルームマンションなどでは軽量鉄骨造も多く見られます。

タイプ 鉄骨住宅 木造住宅
工法
  • 軽量鉄骨ブレース工法
  • 重量鉄骨ラーメン工法
  • 木造軸組工法
  • 木造壁式工法

1-1.鉄骨住宅の工法 

鉄骨造には「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」の2種類があります。

軽量鉄骨造は主に住宅で使用されるのに対し、重量鉄骨造はビルや集合住宅に使われることが多い材料です。

新築一戸建てを作るときにハウスメーカーから提案される「鉄骨造」は、基本的に軽量鉄骨造のことを差します

鉄骨造には、「軽量鉄骨ブレース工法」と「重量鉄骨ラーメン工法」という2つの工法があります。

軽量鉄骨ブレース法とは、軽量鉄骨で骨組みを作り、鉄材と鉄材を対角線で繋ぐブレースで補強し、ボルトを使って連結させていく工法です。

一方、重量鉄骨ラーメン工法とは、線をつなげて建築するのではなく、鉄製の額縁で枠組みを組んでいくようなイメージでボルトで連結した部分を溶接して連結させていきます。

ちなみに工法名の「ラーメン」はドイツ語で額縁という意味です。

1-2.木造住宅の工法 

木造住宅には「木造軸組工法」と「木造壁式工法」があります。

木造軸組工法は在来工法とも呼ばれ、木の柱と梁で骨組みを築き、屋根を作ってから筋違いや合板で家を建てていく工法です。

一方、木造壁式工法はツーバイフォー工法とも呼ばれ、2インチ×4インチのパネル木材を組み立てて建造します。

一部屋ずつ箱を作っていき、最後に屋根を取り付ける工法で、木造軸組工法よりも地震や火災に強い家を作ることができます。

2.木造住宅のメリット ・デメリット

2-1.木造住宅のメリット

木造住宅のメリット
  1. 断熱性
  2. 調湿性
  3. 耐震性
  4. 燃え尽きにくい
  5. 加工しやすい

木造住宅に共通していえるメリットは、木材に断熱性や調湿性があるため、どの季節も過ごしやすい家を建てることができます。

また、木材は衝撃を吸収するため、耐震性を考慮しながら上手に建てれば地震に強い家に住めるでしょう。

加えて、燃え尽きにくい特徴があるため、火災が起きても倒壊しにくいといわれています。

「木材は心が落ち着く」という方も少なくありません。

日本の風土や文化に合う家づくりができるという観点から、木造住宅を選ぶ方も多いでしょう。

加工がしやすいのも木材の特徴です。

リフォームや改築がしやすいため、ライフステージに合わせて間取りを調整したい方は木造住宅が良いかもしれません。

2-2.木造住宅のデメリット 

木造住宅のデメリット
  1. シロアリ被害
  2. 加工は職人の腕に左右される
  3. 間取りの自由度が制限される

木はシロアリ被害に遭いやすいため、対策が必要です。

また、加工しやすい材質なので、家の仕上がり具合が職人の腕によって左右されやすいです。

これは、メリットでもあり、デメリットでもあるといえるでしょう。

加えて、鉄骨造にくらべると壁や柱が多く必要になるため、広いリビングや高い吹き抜けなどが作れないなど間取りの自由度が制限されてしまうケースもあります。

3. 鉄骨住宅のメリット・デメリット

3-1.鉄骨造住宅のメリット

鉄骨造住宅のメリット

鉄骨造住宅のメリットは、木造住宅にありがちなトラブルに悩まされない点です。

また、鉄骨住宅だからこその良い点もたくさんあるので、ここでは鉄骨住宅の魅力をピックアップしていきましょう。

鉄骨住宅のメリット
  1. 安定した品質
  2. 開放感のある間取りを作れる
  3. 耐震性
  4. 害虫被害が少ない
  5. 火災保険料が安い

3-1-1.安定した品質 

鉄骨住宅に使用される鉄材は、品質に左右されません

また、鉄骨住宅は工場である程度組み立ててから現場でも組み合わせていく工法がメインとなります。

組み立てる過程においても、熟練した職人技が必要になるケースが少ないでしょう。

木造の注文住宅の場合は職人の腕で出来が左右されるケースが多々ありますが、鉄骨住宅ならこうした心配が不要です。

3-1-2.開放感のある間取りが作れる

鉄骨住宅は、建物の主要部分が重さに耐えられる丈夫な鉄材を使用しているため、木造住宅と比較すると支えるための柱や壁が少なくて済みます

結果的に、広々としたリビングや開放感のある吹き抜け、太陽光がしっかり入る大きな窓など、より開放感のある間取りにすることができるでしょう。

特に日当たりがあまりよくない土地では、大きな窓が作れることも大きなメリットです。

また、比較的小さな土地であっても、仕切りが少なくて済めば広く感じることができるでしょう。

3-1-3.地震に強い家を作れる

鉄骨住宅に使われる鉄材は、木材よりも耐久性があります

地震の衝撃を吸収しやすく、地震に強い家づくりが可能です。

木材が地震に弱いわけではありませんが、揺れや衝撃への耐久度は材質に左右される特性があります。

鉄材の耐震性は材質に左右されることなく一定であるため、どの家でも安定した耐震性を持っているといえるでしょう。

3-1-4.害虫被害が少ない

鉄骨住宅は虫が巣を作ることのない鉄材で主要部分をつくるので、木材にありがちなシロアリ被害や害虫被害が少ない点もメリットとなるでしょう。

とはいえ木材をまったく使わない鉄骨住宅はないので、シロアリ被害がゼロになるというわけではありません

木造住宅ほどではないものの、ある程度はシロアリ対策・検査が必要になります

3-1-5.火災保険料が安い

火災保険は、構造の材質も考慮に入れて算定されます。

木造よりも燃えにくい鉄骨住宅は火災保険料も安くなる傾向にあるため、ランニングコストが低く抑えられることも鉄骨住宅のメリットです。

3-2.鉄骨住宅のデメリット

鉄骨住宅のデメリット

鉄骨造住宅ならではのデメリットもあります。

ここでは、家を長持ちさせるため、快適に暮らすために理解しておきたい、鉄骨造住宅の注意点をまとめました。

鉄骨住宅のデメリット
  1. 材料費・建築費高い
  2. 地盤改良が必要なケースがある
  3. 断熱・防音対策が必要
  4. 火災による倒壊の危険
  5. 鉄材が錆びる可能性がある
  6. 固定資産税が下がりにくい

3-2-1.材料費や建築費が高くなる

鉄材は、木材よりもコストの高い材料です。

木材は建築現場でも加工ができますが、鉄材は現場で加工するのが難しい材料で、ひとつずつ工場で加工する必要があります。

必然的に建築費や坪単価も高くなってしまうため、木造住宅にくらべると費用面でデメリットとなります。

また、将来的にリフォームや改築・増築を考えている場合も、木造住宅よりコストが高くなります。

3-2-2.地盤改良が必要なケースもある

鉄材は木材よりも強い分、重量があります。

主要部分を鉄材で作る鉄骨住宅は木造住宅よりも重くなるため、土地によっては地盤補強が必要になります。

工期が長くなるだけでなく、初期コストも増加するため、鉄骨住宅は土地選びも重要になってくるでしょう。

3-2-3.断熱・防音対策が必要

鉄骨住宅は柱と梁だけで作っていく構造なので、壁は空間をしきる薄い壁だけになりがちです。

そのため、断熱性に乏しく、音漏れも気になる家ができてしまうかもしれません

ハウスメーカーや工務店の中には鉄骨住宅でも断熱性や防音性を考えて対策をとり、快適に過ごせる家づくりを提案してくれるところもあります。

どのような鉄骨住宅を作っているかを調べたり聞いたりして、快適に過ごせる鉄骨住宅を作ってくれるハウスメーカー選びが重要になるでしょう。

3-2-4.大きな火災で倒壊の危険がある

鉄材が木材より燃えにくいのは確かですが、熱しやすく冷めやすい材質のため「高温」には弱い材料です。

そのため、燃え広がったり、燃え移ったりする心配は木造住宅よりも少ないですが、大きな火災になると熱によって鉄材が柔らかくなり、倒壊しやすい危険があります

火災時にしっかり避難できる経路を確保しておく、すぐに逃げ出せる準備をしておくなどの備えが必要になるでしょう。

また、熱によって鉄材が変形し、修繕費は木造住宅よりもかえって高くなってしまうケースもあるようです。

万が一のことを考え、壁の断熱性能を高めたり、IHコンロにしたりと火事が起きにくい工夫が必要になるかもしれません。

3-2-5.鉄材が錆びることもある

鉄材は虫の被害はありませんが、錆が広がる危険性があります

鉄は水分と酸素の化学反応によって表面が少しずつ腐食していき、強度が弱くなっていく可能性のある材料です。

対策としては、表面を塗装する、樹脂を貼り付ける、耐食性の高いスズやクロムで表面を加工するといった方法があります。

また、ステンレスやアルミニウム、チタンなど異なる金属で張り合わせることで、錆を防ぐことも可能です。

錆の面で特に注意したいのは、寒い季節や昼夜の温度差で発生する結露です。

結露対策を考えるならば断熱対策が重要になるため、ハウスメーカーがどのような対策をしてくれるか必ずチェックしておきましょう。

3-2-6.固定資産税が下がりにくい

木造住宅にくらべ、鉄骨住宅は法定耐用年数が長く設定されています。

そのため固定資産税がなかなか下がらず、総合的なランニングコストが高くなるのもデメリットです。

しかし、法定耐用年数が長いということは木造よりも鉄骨造が丈夫で長持ちするからです。

しっかりメンテナンスを行えば木造住宅よりも長く住めるため、見方を変えれば資産としての寿命が長いともいえるでしょう。

4.まとめ

木造にも鉄骨造にも、メリットがありデメリットがあります。

木だから燃えやすい、鉄だから丈夫といったイメージがあるかもしれませんが、一概にそうは言えません。

木造であれ鉄骨造であれ、どのような材料を使うか、どのような工法で建てられるかによって、耐震性や耐火性が異なります。

どんなマイホームが欲しいかを具体的にリストアップして、理想をしっかり叶えてくれる業者を探していきましょう。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する