静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

【最新・エリア別】土地なしで家を建てる費用の相場と内訳を解説!

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 【最新・エリア別】土地なしで家を建てる費用の相場と内訳を解説!

【最新・エリア別】土地なしで家を建てる費用の相場と内訳を解説!

更新日:
【最新・エリア別】土地なしで家を建てる費用の相場と内訳を解説!

「自宅建築の資金計画を立てたいが、土地を持っていない場合の費用はどれくらいだろう」

「土地の購入費と注文住宅の建設費を準備すれば大丈夫?」

このような悩みや疑問をお持ちではありませんか。

土地なしの状態から家を建てるには、次のような3種類の費用が必要です。

  • 土地の取得費
  • 注文住宅の建設費
  • 土地・注文住宅を建てる際に必要な諸経費

住宅金融支援機構が実際に家を建てた人に行った「フラット35利用者調査」に基づく最新のデータによると、所要資金合計の全国平均は4,397.3万円・住宅の建設費用2,961.2万円・土地取得費1,436.1万円です。

所有する土地なしの家を建てる費用

所有する土地がない場合は土地の取得費用が必要となることから、土地と建物にどれくらいの割合で費用を配分するのかを事前に検討しておく必要があります。所有する土地ありの場合と比べて、内訳ごとの費用をしっかりと把握しておく必要があることが、土地なしで家を建てる場合の特徴です。

そこで、この記事では次のような内容を解説します。

  • 土地なしで家を建てる場合にかかる費用の一覧
  • 土地なしで家を建てる場合の費用相場
  • 費用の発生タイミング
  • 費用を安くするポイント
  • ローンの注意点

この記事を読むことで、土地なしで家を建てる場合の内訳ごとの費用を把握し、スムーズに土地を取得し家を建てることができるようになります。

無理なく負担感の少ない資金計画で家を建てるため、この記事がお役に立つことを願います。

土地なしは、土地ありとかかる費用がどう違うの?

  • 家を建てる際に土地がない場合と土地がある場合とで大きく違うのは、土地の取得費用が必要かどうかという点です。

  • 土地なしの場合、家の建設費に加え土地取得費や諸経費が余計にかかります。そのため、家の建設費が抑えめになる傾向です。

  • 一方で土地がある場合は、土地の取得費用がかからず家の建築に費用を集中させることができるため、家の建設費用が高くなりがちであることが、統計的にわかります。

  • 土地ありの場合は費用がどれくらい違うのか詳細を知りたい場合は、以下の記事をご参照ください。

【最新】土地ありで家を建てる費用のエリア別・都道府県別相場を解説

  • 土地なし・土地ありの比較を詳しく知りたい場合は、以下の記事をご確認ください。

家を建てる費用の最新相場を徹底解説【土地あり・なし・エリア別】

1.土地なしで家を建てる場合にかかる費用一覧

土地なしで家を建てる場合にかかる費用一覧

家を建てる費用は、家の建設費だけではありません

所有する土地なしで家を建てる場合にかかる費用は、次のとおり3種類もあります。

  • 土地の取得費
  • 注文住宅の建築費
  • 土地の購入や住宅建築の際に必要な諸経費

家を建てる場合の費用を正確に把握するためには、それぞれ具体的にどのような費用なのかを知っておく必要があります。

以下に詳しく説明するので、費用感をつかむための参考にしてみてくださいね。

1-1.土地の取得費

土地の取得費用とは、土地を購入する際に支払うお金のことです。

土地を購入する費用は、売買契約時の手付金・土地引き渡し直前の残金の2段階に分けて支払います。

手付金とは

  • 土地の売買契約を結ぶ段階で支払う
  • 金額は土地の購入費用の10%が相場だが、売主と買主の合意で変更することも可能
  • 手付金は土地購入費用の一部に充当される(残金は、購入費用から手付金を差し引いた金額になる)

残金とは

  • 引き渡しの直前に一括で支払う
  • 残金=土地購入費用-手付金
  • ローンで支払いたい場合、土地引き渡し前に融資金が下りるようにしておく必要がある。

土地を購入する際は、売買契約時に手付金が必要となります。

なお「土地購入費用も住宅ローンで払えば大丈夫でしょう」と考えている人は要注意です。住宅ローンは一般的に家が完成しないと融資金が下りないので、土地を買うときには間に合いません

自己資金を多めに準備できる場合を除いて、ほとんどのケースでつなぎ融資を利用することになります。つなぎ融資については「5-1.ローンの融資時期に要注意」で詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

1-2.注文住宅の建設費

注文住宅を建てる際に必要な工事費用は、一般に4回程度に分けて支払います

支払時期は次のとおりです。

時期

支払う費用

請負契約締結時

着手金:工事費用総額の10%

着工時

着工金:工事費用総額の30%

上棟時

中間金:工事費用総額の30%

引き渡し時

残代金:工事費用総額の30%

基本的に家の建設費は、家が完成する前に支払う必要があります。

一方で住宅ローンは、家の完成後に融資金が下りる場合がほとんどであるため、少なくとも着手金から中間金までの支払い時期に間に合いません

土地の取得費と同様、多くのケースで別途、つなぎ融資を利用することになるでしょう。「5-1.ローンの融資時期に要注意」をご確認いただき、つなぎ融資の仕組みを理解しておくことが大切です。

1-3.土地の取得・注文住宅建設に必要な諸経費

土地の取得・注文住宅建設に必要な諸経費

土地にかかる諸経費例

仲介手数料

物件価格 × 3% + 6万円

地盤調査費

5万円程度

家にかかる諸経費例

設計料

建設費の10~15%

ガスや上下水道の引き込み工事費

30~50万円

その他の諸経費例

不動産取得税

土地:評価額×1/2×3%

建物:(評価額-1,200万円)×3%

登録免許税

土地:評価額×2%

建物:新築建物評価額×0.4%(軽減税率は0.10~0.15%)

司法書士の報酬

20万円程度

上記を踏まえると、「土地取得費+諸経費」の総額の目安は以下のとおりです。

土地の取得費用

総費用の目安(土地取得部分)

1,000万円

1,070万円

2,000万円

2,120万円

3,000万円

3,170万円

4,000万円

4,230万円

5,000万円

5,280万円

6,000万円

6,340万円

7,000万円

7,390万円

※不動産取得税を(土地の取得費×70%)×1/2×3%、登録免許税を(土地の取得費×70%)×2%で計算

※10万円未満四捨五入

次に「家の建設費用+諸経費」の目安は以下のとおりです。

家の建設費用

総費用の目安(家建設部分)

1,000万円

1,150万円

2,000万円

2,250万円

3,000万円

3,360万円

4,000万円

4,480万円

5,000万円

5,590万円

6,000万円

6,710万円

7,000万円

7,820万円

※設計料を建設費の10%、ガスや上下水道の引き込み工事費を30万円、不動産取得税を(建設費用×50%-1,200万円)×3%で算出

※10万円未満四捨五入

総費用の目安(土地取得部分)と総費用の目安(家建設部分)をプラスした金額が、土地なしで家を建てる場合の費用総額の目安です。

土地の購入時や家を建てる際・家の完成後に登記をする際など、さまざまな場面で諸経費は必要です。

現金で支払う必要がある経費も多いため、ローンを組む場合であっても計画的に準備しておきましょう。

2.【最新データ】土地なしの家を建てる場合の費用相場

【最新データ】土地なしの家を建てる場合の費用相場

所有する土地なしで家を建てる場合の予算を考えるにあたって、知っておきたいのが相場です。

大体どれくらいの費用をかける人が多いのかを把握することで、自分の資金計画が適切かどうか判断しやすくなるでしょう。

ここでは、住宅金融支援機構が実施した調査に基づく最新データから、

  • 全国の平均費用
  • 三大都市圏別の費用相場
  • 都道府県別の費用相場

を紹介します。

2-1.全国の平均費用

全国の平均費用

住宅金融支援機構の最新のデータによると、所有する土地なしで家を建てるために必要な所要資金の全国平均は4,397.3万円です。

内訳は、住宅の建設費用が2,961.2万円・土地取得費が1,436.1万円となっています。

所要資金合計(建設費+土地取得費)

4,397.3万円

注文住宅の建設費用(全国平均)

2,961.2万円

土地取得費(全国平均)

1,436.1万円

住宅面積(全国平均)

111.1㎡

1㎡当たりの所要資金

40.2万円

※住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」より作成

全国平均においては、家を建てる際の費用のうち約67%を家の建設費用に、残りの約33%を土地取得費に充てています。土地取得費が3割強と、家を建てる費用総額に占める割合が大きいことが特徴です。

2-2.三大都市圏別の費用相場

都市圏別にみた費用相場は、以下のとおりです。

首都圏の土地取得費は、全国平均を約874万円上回る2,310.2万円となっています。

その結果、首都圏で家を建てる際の費用の配分は、建築費用が55%・土地取得費45%となっており、土地取得費のウエイトがかなり大きくなっていることが特徴です。

都市圏名

建設費用(万円)

土地取得費(万円)

三大都市圏平均

2,910.0

1,903.6

首都圏

2,851.8

2,310.2

近畿圏

2,884.4

1,655.3

東海圏

3,112.2

1,300.0

その他地域

3,016.3

932.9

※住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」より作成

予算に限りがある以上、土地の取得費が高くなると住宅の建設にかけられる費用は少なくならざるを得ません。家に費用をかけたくても予算が十分に確保できない場合は、土地の取得場所を変更することも検討する必要があるでしょう。

2-3.47都道府県別の費用相場

都道府県別の費用相場は、次のとおりです。

秋田県であれば建設費用と土地取得費を合わせても3,360.8万円であるのに対し、東京都では6,110万円必要となり、都道府県によって金額差がかなり大きいことがわかります。

都道府県名

建設費用(万円)

土地取得費(万円)

北海道

3,120.9

886.9

青森県

3,092.5

613.1

岩手県

2,870.9

767.0

宮城県

2,986.6

1,176.5

秋田県

2,779.7

581.1

山形県

2,899.9

760.1

福島県

3,024.1

914.3

茨城県

3,137.9

846.1

栃木県

3,115.7

821.6

群馬県

2,920.4

781.7

埼玉県

2,987.2

1,721.4

千葉県

3,009.3

1,423.1

東京都

2,648.0

3,462.0

神奈川県

2,812.9

2,357.0

新潟県

2,870.4

798.4

富山県

3,131.4

764.5

石川県

2,924.6

1,006.3

福井県

2,872.3

809.1

山梨県

2,830.0

783.1

長野県

3,005.9

875.0

岐阜県

3,042.5

827.6

静岡県

3,122.5

1,185.2

愛知県

3,144.9

1,689.3

三重県

3,086.3

905.1

滋賀県

2,971.8

1,099.2

京都府

2,851.4

1,614.9

大阪府

2,743.0

1,995.2

兵庫県

3,023.9

1,548.0

奈良県

2,992.7

1,299.7

和歌山県

3,041.0

886.9

鳥取県

2,663.2

639.6

島根県

2,971.1

911.9

岡山県

3,139.2

1,024.7

広島県

3,049.5

1,282.7

山口県

3,107.3

836.1

徳島県

2,926.2

904.6

香川県

2,915.9

808.5

愛媛県

2,966.4

1,009.1

高知県

2,883.8

962.3

福岡県

3,141.2

1,198.6

佐賀県

2,944.3

768.1

長崎県

2,951.6

891.2

熊本県

3,103.6

930.7

大分県

3,126.1

920.3

宮崎県

2,895.0

878.7

鹿児島県

2,769.7

800.7

沖縄県

3,096.7

1,549.4

※住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」より作成

なお、建設費用と土地取得費の平均額が高い都道府県は、それぞれ以下のとおりです。

家の建設費相場が高い都道府県

1位

愛知県  3,144.9万円

2位

福岡県  3,141.2万円

3位

岡山県  3,139.2万円

土地の取得費相場が高い都道府県

1位

東京都  3,462.0万円

2位

神奈川県 2,357.0万円

3位

大阪府  1,995.2万円

土地取得費が高い地域では、家の建設費が抑えられてしまいます。限りある予算の中で家の建設にお金をかけたいという場合は、近隣地域で土地費用が安い場所への変更も検討すべきです。

建てる家と建てる場所のどちらを優先したいのか、しっかり優先順位を決めておくことも後悔しない予算配分をするうえで重要です。

3.土地なしで家を建てる場合の費用の支払いタイミング

土地なしで家を建てる場合の費用の支払いタイミング

費用の相場や内訳がわかったら、押さえておきたいのが費用を支払うタイミングです。

家を建てる費用は、契約時や引き渡し時など複数回に分けて支払いが必要となります。家が完成した際にまとめて支払うわけではないため、注意が必要です。

土地なしで家を建てる場合の支払い発生タイミング

家を建てる費用のほとんどを占める土地取得費と家の建設費用だけでも、上記のとおり複数回の支払いタイミングがあり複雑です。事前に支払う時期と支払う割合を必ず確認し、資金を準備しておきましょう。

さらに、主だった諸経費の支払いタイミングを加えると、次のような支払いスケジュールになります。

①土地を購入する

(1)売買契約時

  • 手付金(土地の購入費用の10%)
  • 土地売買契約書に貼る印紙代(1万円程度)
  • 仲介手数料の50%程度

(2)引き渡し時

  • 残金(土地の購入費用の90%)
  • 仲介手数料の50%程度
  • 登録免許税(評価額×2%)
  • ローン契約する場合、ローン契約書に貼る印紙税(2万円程度)

(3)家の建築前

  • 地盤調査費(5万円程度)

(4)引き渡しの半年から1年半後

  • 不動産取得税(評価額×1/2×3%)

②家を建てる

(1)請負契約締結

  • 着手金(工事費用総額の10%)
  • 工事請負契約書に貼る印紙代(1万円程度)

(2)着工

  • 着工金(工事費用総額の30%)
  • 地鎮祭を行う場合、その費用(数万円程度)

(3)上棟

  • 中間金(工事費用総額の30%)
  • 上棟式を行う場合、その費用(10万円程度)

(4)引き渡し時

  • 残代金(工事費用総額の30%)
  • 登録免許税(新築建物評価額×0.4%(軽減税率は0.10~0.15%))

(5)引き渡しの半年から1年半後

  • 不動産取得税((評価額-1,200万円)×3%)

この他に、土地と家で別々にローンを借りる場合は、上棟の後~引き渡しの間にローン契約書に貼る印紙代(2万円程度)が、再度発生します。

以上のように土地なしで家を建てる場合は、土地の売買契約締結時から、長ければ引き渡しの1年半後まで、支払いのタイミングが何度も訪れるものです。支払い時期に資金が準備できないと家づくりが頓挫するので、支払う時期と金額の大体の目安を把握しておきましょう。

4.土地なしで家を建てる費用を安くするポイント

土地なしで家を建てる費用を安くするポイント

所有する土地なしで家を建てる場合、土地の取得費が必要なため、どうしても費用が多くなりがちです。

負担を少しでも減らすために、費用を抑えるポイントがあるなら実践したいですよね。

ここでは、土地なしで家を建てる費用を安くするポイント3つを厳選して紹介します。

ポイント1 土地の購入費用を抑える

ポイント2 コストパフォーマンスの高い構造にする

ポイント3 必要な設備を厳選する

4-1.土地の購入費用を抑える

土地なしで家を建てる場合、総費用を大きく左右するのが土地の購入費用です。

首都圏では平均2,310.2万円かかる土地の購入費用も、三大都市圏以外の地域では平均932.9万円と、金額差が大きくなっています。同じ首都圏でも、東京都は3,462.0万円に対し、千葉県なら平均1,423.1万円で土地が入手可能です。

このように、土地は選び方次第で費用を抑えやすいという特徴があります。

土地の取得費用を抑えるポイント

郊外の土地を選ぶ

  • 原則として、都心部から離れるほど価格は下がる傾向にある
  • 駅1つ離れるだけでも変わる場合があるため、場所にこだわりがなければ比較してみるのがおすすめ

人気エリアを避ける

  • 駅に近接している所・高級住宅街のイメージがある地域・人気のエリアなどを避けると費用は抑えらる

不整形地や方角が人気のない土地を検討する

  • 台形や三角形・L字型などの正方形や長方形以外の土地や傾斜地などは価格が抑えられる
  • ただし土地の状態によっては、購入後の土地整備費に多額の費用を要するため注意が必要

家を建てる際の費用に占める土地購入費用の割合は、全国平均で約33%、首都圏では45%にもなっています。上記のポイントを押さえて賢く土地選びをすることで、家を建てる際の費用を抑えられるでしょう。

4-2.コストパフォーマンスの高い構造にする

家を建てる費用は、家の作りにも左右されます。

家の形状によって、必要な材料の質や量・建設のための人件費が大きく変わるためです。

特に次の5つのポイントを抑えると、高いコストカット効果が見込めます。

家の形状

  • 凹凸のない形状にする

→外壁材の費用を減らせる

屋根の形状

  • シンプルな形状(片流れ・切妻)にする

→施工費や材料費を抑えられる

間取り

  • 部屋数を増やさず、各部屋をシンプルな凹凸のない形にする

→壁の材料や扉などの建具にかかる費用を減らせる

床面積

  • 床面積を必要以上に広くしない

→床などの材料費が減らせる

水回り

  • 一ヶ所にまとめた配置にする

→配管工事費用を最小限に抑えられる

上記のように家の形状を工夫した場合、費用は抑えらる一方で家の質自体は低下しません。むしろ床面積は必要以上に広くしないことで、入居後の掃除の労力も減らせます。

コストパフォーマンスが高くなるポイント、取り入れてみませんか。

4-3.必要な設備を厳選する

意外と見落としがちなポイントが、オプションや設備面です。

例えばシステムキッチンやシステムバスは、メーカーやグレードによって2倍以上の価格差が出ます。

また、ガレージや駐車スペースのルーフなど一見必要に思えても、「よく考えたら自分には不要だった」というオプションもあるものです。

無駄なコストは削って本当にお金をかけたい部分に回すためにも、以下の手順で、自分にとって必要な設備を見極めてみてはいかがでしょうか。

自分に必要な設備は何?厳選の手順

  1. 3社以上の業者から見積もりを取る
  2. 各見積もりの提案内容を比較し、設備の価格差やオプションの内容を比較する
  3. 自分に必要な設備・オプションを厳選する

5.土地なしの場合はローンの利用に注意が必要

土地なしの場合はローンの利用に注意が必要

土地を購入して家を建てる場合に注意したいのが、ローンの利用の仕方です。

家を建てる前に土地を購入するとなると、

  • 家が完成する前に必要な費用が増える
  • ローン借入額が増加しがち

といった特徴があります。

上記の場合、次のような点に注意が必要です。

土地なしで家を建てる場合に、ローンを利用する際の注意点

  • ローンの融資金が、土地購入時点で出るのかを確認する
  • 借入額が増えると審査が通りにくくなるため、事前に審査を済ませる

ここでは、ローンを組む際の注意点をさらに詳しく説明していきます。

5-1.ローンの融資時期に要注意

注文住宅を建てる場合の住宅ローンは一般的に完成した家を担保にお金を融資するため、融資金が払われるのは建物の完成後です。

しかし実際には、家の完成前に以下のような支払いが必要となります。

土地の取得関係

  • 土地の購入代金全額(手付金+残代金)
  • 仲介手数料や印紙代などの諸経費

家の建設関係

  • 家の工事費用のうち、手付金・着工金・中間金(総額の約70%)

その他

  • ローン関係諸費用

上記のように、家が完成する前に相当額の支払が必要です。そのため、次の点に注意しましょう。

住宅ローンの融資時期で注意したいこと

  • 融資金が支払われる時期を確認する
  • 融資金が支払われるまでの費用を、手持ち資金でまかなえない場合はつなぎ融資を検討する

つなぎ融資とは

  • 住宅ローンの融資金が受け取れるまでに支払いが必要な代金を、一時的に立て替えるために受ける融資
  • 通常の住宅ローンに比べ、金利が高め
  • 住宅ローンの融資金を受け取った段階で、つなぎ融資は一括返済するのが一般的

つなぎ融資とは

つなぎ融資が必要な場合は、金融機関に相談してみましょう。

5-2.頭金はできるだけ準備しよう

頭金なしで家を建てることは可能ですが、頭金を準備することで次のようなメリットがあります。

頭金を準備するメリット

住宅ローンの総借入額が減ることによって、

  • 審査に通りやすくなる
  • 返済期間が短くなったり、月々の返済額が少なくなったりする
  • ローン借り入れに伴う利息の支払い額が抑えられる

土地なしで家を建てる場合の頭金の全国平均は、家を建てる費用の約10%です。

頭金

440.5万円

家を建てる費用

4,397.3万円(土地取得費含む)

費用に占める頭金の割合

10.0%

※住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」より作成

頭金が多ければメリットも大きいですが、貯蓄の全額を頭金に回すのは「もしものとき」の備えができずリスクがあります。以下のような必要資金を確保して、残った額だけを頭金に回しましょう。

確保しておきたい必要資金の一例

  • 家を建てる際に現金で支払う必要のある諸費用
  • 病気やけがに備えるための費用
  • 車検や子どもの教育費用など、近い将来に必要なまとまった費用

「頭金=貯蓄額-必要経費」であることを踏まえたうえで、できる範囲で頭金を準備するのが負担軽減のためにおすすめです。

5-3.最初に借入可能額を確認しよう

「住宅展示場にも行った、建てる家のイメージも決まった、土地の目星もついた。あとはローンの審査だけ!」

このようなタイミングで、もしローン審査に通らなかったら、家を建てる計画は予算を立てることからやり直しになってしまいます。かなりの時間と労力が無駄になるでしょう。

資金調達で失敗をしないためには、建てる家のイメージの検討を始める前に、ローン借り入れ可能額の確認を済ませておきましょう

銀行によっては、前もって住宅ローンの審査やローン額のシミュレーションを無料でやってもらえます。

借入の可能額と限度額を把握しておきましょう。

現実に調達できる資金に合わせて家づくりの内容を検討することで、納得できる家をスムーズに建てることが可能になります。

【静岡県に家を建てるひと、必見!】「建てピタ しずおか」
新築お祝い金をプレゼント!!!

スマートな、注文住宅づくりは、建てピタ しずおか

6.まとめ

当記事では、所有する土地なしで家を建てる場合の費用について解説しました。ポイントを振り返ってみましょう。

まず、土地なしで家を建てる場合にかかる費用は次のとおりです。

土地なしで家を建てる場合にかかる費用

土地なしで家を建てる場合の費用相場は、所要資金の全国平均が4,397.3万円。内訳は、住宅の建設費用が2,961.2万円・土地取得費が1,436.1万円となっています。

なお、注文住宅を建てる際に発生する諸経費の相場は、土地・建物の総額の10~12%程度です。

家を建てる費用を安くするには3つのポイントがあります。

家を建てる費用を安くするには3つのポイント

またローンを利用する際は、融資金はいつ受け取ることができるのかを必ず確認しましょう。

土地なしで家を建てる場合にローンを利用する時の注意点

当記事の内容を参考に、経済的に無理することなく希望する家造りをスムーズに行いましょう。

記事を共有する