静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

建築条件付き土地とは?メリット・デメリットと事前の確認ポイント

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 建築条件付き土地とは?メリット・デメリットと事前の確認ポイント

建築条件付き土地とは?メリット・デメリットと事前の確認ポイント

更新日:
建築条件付き土地とは?メリット・デメリットと事前の確認ポイント

建築条件付き土地とは、文字どおり「建築条件」のある土地のことです。

この記事では、建築条件付き土地の条件や特徴について解説していきます。

建築条件付き土地は通常の建売住宅や分譲一戸建てとくらべ、流れや自由度に異なる部分があります。

内容をよく理解しておかないと、トラブルになりかねません。

メリット・デメリットをしっかり把握して、建築条件付き土地を上手に活用していきましょう。

1.建築条件付き土地の意味

トラブルを避けるためにも、建築条件付き土地の「条件」について理解しておきましょう。

ここでは、建築条件付き土地について紹介し、土地の購入から建物の完成までの順序、建売住宅や分譲一戸建てとの違いについても解説していきます。

建築条件付き土地の「条件」とは、「ここに家を建てる場合、決められた施工会社に依頼して家を建てる契約を結ぶこと」です。

通常であれば土地を買った後、どの施工会社を選び、どんな家を建てるかは土地を買った人が自由に選べます。

しかし、建築条件付き土地を購入したときには、決められた施工会社と一定期間内に建築工事請負契約を結ばなければいけません

1-1.土地の購入から建物の完成まで

  1. 土地の売買契約を締結
  2. 指定の施工会社と間取りや仕様の打ち合わせ
  3. 指定の施工会社と建築工事請負契約を締結
  4. 着工→完成
  5. 入居

建築条件付き土地の「条件」に含まれる一定期間とは、3までのことです。

一定期間については3カ月としている事例が多くみられます。

1-2.建売住宅や分譲一戸建てとの違い

建築条件付き土地では施工会社を自由に選ぶことができない反面、間取りプランや工事費用などに条件はありません

建売住宅や分譲一戸建ての場合、間取りや仕様はある程度決まっていて細かい部分を詰めていく流れであることが多いでしょう。

一方、建築条件付き土地の場合、注文住宅と同じように敷地条件に合わせて自由に間取りや仕様を決めることができます

2.建築条件付き土地のメリット

建築条件付き土地のメリット

建築条件付き土地は施工会社が決まっているという特徴から、土地購入や間取りの自由度などにメリットがあります。

それぞれのメリットについて確認していきましょう。

建築条件付き土地のメリット
  • 土地の引渡し前から打ち合わせが可能
  • 土地の価格や建築費が割安になる
  • 設計・施工の時間が短い

2-1.土地の引渡し前から打ち合わせが可能

建築条件付き土地は、土地をどう使うかがあらかじめ決まっています。

そのため、実際に土地を引き渡す前の打ち合わせや、設計作業に融通を利かせることが可能です。

建築条件のない土地の場合、引渡し前の段階では土地所有者が承諾しないかぎり、設計前の地盤調査を含む事前準備はできません。

一方、建築条件付き土地では早い段階から事前準備が行えます。

2-2.土地の価格や建築費が割安になる

条件付き土地は売主や仲介者が家の建築で利益を出すことを目的としていて、土地の売買で利益を得ようとしていないケースが多くあります。

逆に、土地の売却で一定の利益を確保して、建築費を安く提案しているケースも多いでしょう。

いずれの場合も土地価格や建築費が安く済むケースが多く、全体的なコストダウンを図ることができます

2-3.設計・施工の時間が短い

建築条件付き土地では、「この土地に建てるなら、こんなプランはいかがですか?」とモデルプランが用意されているケースもあります。

その土地に建築可能なものがモデルプランになっているので、そのプランが気に入れば設計の時間を短縮し、短期で着工できるでしょう。

「ここはもっとこうしたい」というアレンジを希望する場合も基本の設計は変わらないので、やはり設計・施工の期間を短くできます。

3.建築条件付き土地のデメリット

建築条件付き土地のデメリット

建築条件付き土地にはメリットもありますが、期間や費用見積もりなどの点でデメリットに感じることがあるかもしれません。

ここでは、建築条件付き土地で家を建てる際のデメリットを見ていきましょう。

建築条件付き土地のデメリット
  • 施工会社を自由に選べない
  • 工法を選べない場合がある
  • 検討時間が少ない

建築条件付き土地は、「誰がどんなものを建てるか、ある程度決まっている」というのが特徴です。

それゆえに生じるデメリットには、以下のようなものがあります。

3-1.施工会社を自由に選べない

どんな家にしようかとモデルハウスをあちこち見学していて、気に入った施工会社を見つけたとしても、建築条件付き土地ではお気に入りの施工会社に建ててもらうことができません

また、建築条件なしの土地を買うときのように数社の見積もりを比較して選んだり、お得な施工会社に建ててもらったりもできないので注意が必要です。

3-2.工法が選べないこともある

施工業者にも得意・不得意があり、ある工法に特化している建設会社もあります。

そのため、建築条件付き土地で指定されている業者が木造住宅に特化している場合、「木造住宅のみです」と言われる可能性もあるでしょう。

鉄骨造で建てて欲しいと希望していても、施工会社が鉄骨造のノウハウ不足だとしたら、どうしても不安が残ってしまいます。

3-3.検討時間が少ない

建築条件付き土地では、着工までの期間も限られています。

多くの場合、3カ月以内に設計を決定する必要があり、間取りや仕様をじっくり吟味する時間がないかもしれません。

また、建設会社によっては部屋数の増加や和室・洋室の変更など、モデルプランからある程度アレンジすることも可能ですが、地下室を作りたいといった特殊な注文は受け付けられないケースが多いです。

内外装についても、基本の部材の中から選ぶような形がほとんどです。

4.建築条件付き土地を購入する際に確認したいポイント

建築条件付き土地を購入する際に確認したいポイント

建築条件付き土地にはメリットもデメリットもありますが、賢く利用すれば納得のいく家づくりができるでしょう。

ここでは、トラブルを回避するために確認すべきポイントについて解説していきます。

建築条件付き土地を購入するときのチェックポイント
  • 悪質な契約内容に注意
  • アレンジの自由度を確認
  • 施工品質に注意

4-1.悪質な契約内容に注意する

建築条件付き土地では、停止条件を明示せずに、土地と建物を同時に契約させようとするケースも少なくありません。

建築条件付き土地の場合、「土地の上に建てる住宅の建築請負契約が締結される」ことが停止条件で、その事実が発生した場合に初めてその土地の売買契約の効力が発生します。

そのため、家が建っていない状態で不動産仲介会社等から仲介手数料を請求されても、本来支払う必要はありません

しかし、「土地と建物一括でないとローンがおりません」などと言って、建物完成後に「建売住宅」の契約書にすり替え、土地と建物の両方で仲介手数料を取っている悪質な例も少なくないようです。

契約の条件や不動産売買に詳しくない方の場合、不動産業者「条件付き土地では、いつもこのような契約をしています」と言われ、そのまま支払いをしてしまうケースもあるため注意が必要です。

4-2.アレンジの自由度を確認

条件付き土地では、間取りや仕様、設備と言った建築プランがあらかじめ決められていることも多いため、建売住宅(分譲住宅)に近い取引だと考えておくほうが良いでしょう。

プランが決まっている場合、どの程度まで間取りや仕様、設備をアレンジできるのか、早い段階で確認しておく必要があります。

建築条件付き土地は着工までの期間も決まっているため、「今からそういう変更はできません」と言われてしまうと、建った家が理想と大きく違う場合はトラブルになるかもしれません。

4-3.施工品質に注意

施工業者や建築会社によっては工事監理や社内検査が適切に行われていないケースもあり、住み始めてから施工ミス・欠陥などが発覚することもあるかもしれません。

このようなトラブルを避けるためには、建築中に第三者の住宅検査を入れるのがおすすめです。

場合によっては、建築会社に委託されている検査機関が部分的に簡単な検査をしているだけで、建築会社から「第三者がチェックしています」と説明されるケースもあるでしょう。

建築や施工品質を保つためには、厳正な検査を行っている検査機関であることを確認することが大切です。

静岡で家を建てるなら、「建てピタ しずおか」で、プロに相談してみませんか?
無料なので安心! 不安が多い、業者選びや住宅ローンについて質問してみましょう!

スマートな、注文住宅づくりは、建てピタ しずおか

5.まとめ

建築条件付き土地は、土地が安く手に入り、短い工期で済むといったメリットがある反面、施工会社によって満足度が大きく左右される可能性もあります。

じっくり間取りを検討する時間もあまりないため、自身や家族のニーズを良く把握しておきましょう。

また、契約内容をよく確認することも欠かせません。

少しでも不安があれば第三者機関に住宅検査を依頼するなど、施工の品質を保つ工夫を取り入れておきましょう。

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する