静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

木造住宅の特徴とは?代表的な建て方とメリット・デメリット

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 木造住宅の特徴とは?代表的な建て方とメリット・デメリット

木造住宅の特徴とは?代表的な建て方とメリット・デメリット

更新日:
木造住宅の特徴とは?代表的な建て方とメリット・デメリット

木材は、古くから愛用されてきた建築材料です。

木造住宅は、湿度が高くて地震の多い日本と相性がよく、多くの建物で使用されてきました。

マイホームを建てる際にも、検討される方が多いでしょう。

そこでこの記事では、木造住宅の種類、建て方、特徴などをわかりやすくご紹介していきます。

さまざまなメリットがある反面、覚えておきたいデメリットもあるので、マイホームとして木造住宅をお考えであれば、ぜひチェックしてみてください。

1.木造住宅の主な建て方

ここでは、木造住宅の代表的な建て方である2つの工法を中心に、特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

木造住宅は、木材をメインに建設した住宅のことを指します。日本の住宅は約9割が木造建築です。

一言に木造といっても工法がいくつか種類があり、主な木造住宅の構造は以下の2種類となっています。

木造住宅の主な構造

木造軸組工法(在来工法)

枠組壁工法(ツーバイフォー)

1-1.木造軸組工法

木造軸組工法とは、柱と梁で補強をしつつ、順番に骨組みを築いていく、日本の伝統的な建築手法です。

在来工法と呼ばれているこの工法は、法隆寺の五重の塔をはじめ、歴史のあるお寺や神社、古民家などでも採用されています。

日本の木造住宅の約半分はこの木造軸組工法で作られており、日本の古き良き工法と言えるでしょう。

最初に骨格となる柱と梁、軸組を組み、屋根を先行して作ってから、壁や床を取り付けていきます。

土地の広さや形に合わせてアレンジがしやすいなど建設の自由度が高く、壁を抜くといった方法でリフォームしやすいのも特徴です。

1-2.枠組壁工法(ツーバイフォー)

枠組壁工法(ツーバイフォー)は、厚さ2インチと幅4インチの角材と合板でパネルを組み立てていき、箱状の空間を作っていきます。

北米から伝わった工法で、高度な専門技術がなくても短い工期で組み立てられるのが特徴です。

接合部は釘と接着剤を使い、使用する角材やパネルのサイズもあらかじめ決まっています。

伝統的な木造軸組工法が線で組み立てるのに対し、枠組壁工法(ツーバイフォー)は面で組み立てていくイメージです。

パネル自体が柱の役割も果たすため、比較的強度が高く、高断熱で高気密、耐震性や耐風性に優れているといったメリットがあります。

一方で、間取りを変更するようなリフォームはしにくいデメリットもあります。

また、木造軸組工法では先に柱と屋根を組むのですが、枠組壁工法(ツーバイフォー)では1階床→2階床→壁→屋根という順番で組み立てます。

建材が濡れないように雨養生をしっかり行える業者が必要です。

そのほか、木造建築には以下のような工法もあります。

その他の構造

木造ラーメン工法

木造プレハブ工法

ログハウス

1-3.木造ラーメン工法

木造ラーメン工法は、鉄骨造で使用されていたラーメン工法を木造住宅にも応用したものです。

柱と梁だけで構造部を作り、自由な空間設計を可能にします。

耐力壁や筋交いの配置などにとらわれず、開放感のある空間を追求したい人に人気で、戸建ての住宅でも採用が増えているようです。

自由度が高く、建物の強度や耐久性が高いのが特徴ですが、建築コストが高くなるデメリットもあります。

1-4.木造プレハブ工法

プレハブは、工場であらかじめ生産され、加工された木質パネルを運搬し、現場で組み立てる工法です。

プレハブ工法の中には、壁や天井もすべて工場で組み立てる「ユニット工法」もあります。

プレハブ住宅のイメージが強いかもしれませんが、戸建てでの採用も増えており、工期が短くローコストで品質が安定しているのも特徴です。

一方、デザインの自由度は低く、間取り変更を伴うリフォームは難しくなります

1-5.ログハウス

ログ=丸太という意味で、丸太を積み重ねた壁で作られた家をログハウスといいます。

メイン住居として採用されることは少ないですが、ログハウスも木造建築のひとつです。

丸太を重ねた強度の高い壁なので、耐震性が強く、間取りの自由度が高いといった特徴があります。

その反面、メンテナンスが必要不可欠である点や建築コストが高くなる点などがデメリットです。

2.木造住宅のメリットは?

木造住宅のメリットは?

木造住宅はもっともポピュラーな建築ですが、木造だから良いこともあれば、木造だからこそ注意すべきポイントも。

まずは、コストや住みやすさなど、木造住宅ならではメリットから見ていきましょう。

木造住宅のメリット

  1. 建設コストが低い
  2. 湿度を一定に保ちやすい
  3. デザインの自由度が高い
  4. 耐震性がある
  5. 耐火性を高められる
  6. 落ち着いた空間が演出できる

2-1.建設コストが低い

木造住宅は、どの工法でも比較的建築コストが低く抑えられるのが特徴です。

たとえば、鉄骨系の素材を使用する場合、防サビ処理や耐火処理といった加工に費用がかかりますが、木材は材質・厚み等の調節だけで一定レベルの耐火性能を備えることができます

また、鉄材やコンクリートにくらべて軽量である点もローコストで済む理由のひとつです。

鉄筋コンクリート造の場合、その重量に耐えられる基礎を作らなければなりません。

その点、木造住宅であればローコストを実現できます。

2-2.湿度を一定に保ちやすい

木材には、湿度が高くなると湿度を吸い込み、周りの空気が乾燥すると溜め込んでいた湿度を放出する特性があります。

このことから、木造住宅であれば湿度を一定に保つ効果が期待でき、湿気の多い季節や空気の乾燥する季節でも快適な暮らしができるでしょう。

鉄骨造、コンクリート造とくらべると、カビや結露の発生も抑えることができ、結果的に住宅を長持ちさせることができます

カビは健康被害に繋がる恐れもあるため、湿気の多い日本では木造住宅での暮らしが健康にもつなげてくれるでしょう。

2-3.デザインの自由度が高い

特に、伝統的な木造軸組工法(在来法)にいえることですが、建築デザインの自由度が高いことも木造住宅の大きなメリットです。

木造軸組工法は、柱と梁、屋根がしっかり作られていれば、その他には設計に融通が利きます。

新築時だけでなくリフォームをするときも壁や間取りを変えやすく、ライフステージに合わせたアレンジが可能です。

たとえば、子育て中は子ども部屋が必要だったものの、子どもが成人して離れて暮らすようになると子ども部屋が不要になるケースもあります。

木造軸組工法であれば、子ども部屋の壁を取り壊して一部屋を広くしたり、2階を寝室にして1階リビングを広くしたりといったリフォームも検討できるでしょう。

2-4.耐震性がある

鉄骨造、鉄筋コンクリート造は、頑丈で丈夫なイメージがあるかもしれません。

一方、木造は軽くて弱いとイメージされることもあります。

しかし、地震のような揺れは建物全体が軽いほど揺れが小さく、壁にかかる圧力が抑えられるため、木造が地震に弱いということはありません。

木材はしなやかであり、地震の揺れを逃がしやすい特徴も持っています。

たとえば、木造軸組工法(在来工法)なら揺らして衝撃を逃がし、枠組壁工法(ツーバイフォー)なら面で受け止め揺れを抑える耐震性を持っています。

つまり、適切な構造計算から建てられた木造建築であれば、地震に弱いということはありません。

2-5.耐火性を高められる

木造建築は、火が付きやすい特性もありますが、燃え尽きにくく、全焼や倒壊まで時間がかかるため、万が一火災が発生しても、消防が駆けつけるまでの時間を稼ぐことができます

また、燃えた部分だけを補修することも可能です。

一方、燃えにくい鉄材などは一度高い熱で柔らかくなり歪んでしまうと、補修が簡単にはできないデメリットを持っています。

枠組壁工法(ツーバイフォー)は、木造軸組工法(在来工法)よりも耐火性に優れた建築方法です。

木造軸組工法(在来工法)は火の通り道を作ってしまいますが、枠組壁工法(ツーバイフォー)は面の部分に石膏ボードが貼られているため、火を跳ね返すことができます

2-6.落ち着いた空間が演出できる

木材は、その香りや見た目、触れた感触など、さまざまな面で心が落ち着くという方もいます。

木造住宅はそうした木材の特性を活かした家なので、自宅が落ち着ける空間になるでしょう。

3.木造住宅のデメリットは?

木造住宅のデメリットは?

木造建築にはメリットが多くありますが、メンテナンスが必要であったり、害虫被害に注意が必要であったりと、デメリットもあります。

満足できるマイホームを購入するためにも、木造建築ならではの注意点を把握しておきましょう。

木造住宅のデメリット

  1. 定期的なメンテナンスが必要
  2. 害虫や火災への脆弱性
  3. 職人の技術に左右されやすい

3-1.定期的なメンテナンスが必要

木材は湿気を吸ったり吐いたりするため、環境の影響を受けやすい性質をもっています。

そのため、定期的なメンテナンスが必要で、メンテナンスを怠っているとその分劣化が早くなり、家全体の老朽化が進んでしまいます。

事実、木造住宅の法定耐用年数(税法における寿命)は22年で、鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造住宅の47年にくらべると短くなっています。

木造住宅を長く良い状態を保つためには、定期的なメンテナンスを計画しておく必要があります。

3-2.害虫や火災への脆弱性

木材は人を惹きつけますが、虫も引き寄せてしまう可能性もあります。

特に、シロアリ被害は木造住宅につきものであるため、定期的な防蟻(ぼうぎ)点検や薬剤散布といった害虫対策が欠かせません

また、木材は耐火性を兼ね備えてはいるものの、燃えやすい性質を持っています

特に、木造軸組工法(在来工法)は火が回りやすいため注意が必要になるでしょう。

ただし、火の広がり方やどの程度燃えやすいかなどは、木材の種類、厚さ、工法などに左右されます。

火事に強い家づくりにこだわっているハウスメーカーを選べば、火災のリスクを軽減できるでしょう。

3-3.職人の技術に左右されやすい

木材は加工しやすく、木造住宅はアレンジもしやすい特徴を持っています。

しかし、それだけに職人の技術の影響を受けやすく、丈夫でしっかりした家を建てられるかどうかは、施工会社やハウスメーカー、職人の腕に左右されやすい傾向にあります。

過去の実績や建てた後住んでいる人の声も参考にして、後悔しない会社を選んでください。

4.まとめ

木造住宅は、落ち着いた空間を演出しやすく、腕の良い職人さんに作ってもらえば長く住むことができます。

木造住宅ならではのメリットやデメリット、工法による特徴の違いなどを把握しつつ、信頼できるハウスメーカー・施工業者を選んでください。

定期的なメンテナンスを欠かさずに大切に住めば、木造住宅はかけがえのない素敵なマイホームとなるでしょう。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する