静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

軽量鉄骨で作られた住宅のメリット・デメリット|重量鉄骨造との違い

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 軽量鉄骨で作られた住宅のメリット・デメリット|重量鉄骨造との違い

軽量鉄骨で作られた住宅のメリット・デメリット|重量鉄骨造との違い

更新日:
軽量鉄骨で作られた住宅のメリット・デメリット|重量鉄骨造との違い

軽量鉄骨造は、建物の柱や梁(はり)などの骨組み部分に比較的軽量な鉄骨を使用した建物のことをいいます。

戸建ての建築を検討している方の中には、「軽い鉄骨で大丈夫なの?」と不安に思っている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、軽量鉄骨とはどんなものか、その特徴などを解説していきます。

加えて、軽量鉄骨と重量鉄骨の違いや軽量鉄骨造で建設する場合のメリットやデメリットなども解説していくので、家づくりを計画する際の選択肢として理解を深めていただければと思います。

1.軽量鉄骨造とは

ここでは、軽量鉄骨の基礎知識に加え、軽量鉄骨造の建物にはどんなものがあり、どのような特徴があるのかを解説していきます。

軽量鉄骨造とは?

特徴

  • 鋼材の厚さが6mm未満
  • プレハブ工法を用いる際に使われる

建造物の構造

  • 鉄骨造(S造)

よく使われる

建物

  • 2階建てまでのアパート
    ※一人暮らし用のワンルームアパートでは軽量鉄骨造の場合が多い
  • 戸建て住宅
  • 小規模店舗

軽量鉄骨とは、重量鉄骨にくらべて軽い鉄骨のことです。

建造物の構造は、「木造(W造)」「鉄骨造(S造)」「鉄筋コンクリート造(RC造)」「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」の4つに大別できます。

この「鉄骨造(S造)」の中に、軽量鉄骨造と重量鉄骨造があります。

「鋼材の厚さが6mm未満」であれば軽量鉄骨造になり、「鋼材の厚さが6mm以上」になると重量鉄骨造となります。

軽量鉄骨造はアパートや戸建て住宅などで使用されることが多く、工場で生産した部品を現場で組み立てる「プレハブ工法」を用いる際によく使われます。

戸建て住宅の建設を請け負うハウスメーカーが「鉄骨造」という場合は、主にプレハブ工法を使用した軽量鉄骨造を指すことが多いでしょう。

材料を大量に確保しやすく、現場での作業が楽なプレハブ工法は、ローコストで安定した施工がしやすく、ハウスメーカーに採用されることが多いです。

一般的に軽量鉄骨造は、2階建てまでのアパートや戸建て住宅、小規模店舗などで採用されています。

2階建てで一人暮らし用のワンルームアパートなどは、軽量鉄骨造である場合がほとんどでしょう。

3階以上の鉄骨造は強度の理由から重量鉄骨が採用されることも多いですが、中には3階建ての軽量鉄骨造も存在します。

1-1.軽量鉄骨造の耐久性は?

国は建物ごとに耐用年数を定めていますが、鉄骨造については鋼材の厚みによって耐用年数が変わってきます

  • 4mm以上:34年
  • 3~4mm:27年
  • 3mm未満:19年

ただし、これはあくまで税制上の規定です。

建造物の消費が終わる減価償却までの年数という意味であり、実際の建物の耐久度ではありません

同じ厚さの鋼材で作られた軽量鉄骨造でも、メンテナンスの度合いや建物の周りの環境などによって、建物の寿命が変わってきます

マイホームを建築する際には、ハウスメーカーさんに耐久性などを聞いてみると参考になるでしょう。

2.軽量鉄骨造のメリット

軽量鉄骨造のメリット

ここでは、軽量鉄骨造の特徴をご紹介していきます。

軽量鉄骨造のメリット
  1. 品質が安定している
  2. 低コストで建てられる(プレハブ工法)
  3. 木造住宅にくらべて法定耐用年数が長い
  4. 木造住宅にくらべ、高い耐震性がある
  5. 維持費や解体費が低く抑えられる

2-1.メリット1:品質が安定している

軽量鉄骨造はプレハブ工法で建てられた建物に使われることが多く、品質が安定しているのが特徴です。

プレハブ工法では使用する材料が規格化されているため、各現場で鉄骨の品質が変わるということがほとんどありません。

プレハブ工法をわかりやすくいうなら、ちょうどプラモデルを組み立てるようなイメージです。

同じ部品を説明書に沿って組み立てるような形なので、職人やメーカーによって品質に差が出にくい建物といえるでしょう。

木造住宅などであればまったく同じ木材は存在しませんし、加工のしやすさから職人やメーカーの技術力がそのまま建物の品質に影響します。

その点、軽量鉄骨造であればそういった品質のバラつきが少なく、どの建物も一定の品質で建設されるのが特徴です。

2-2.メリット2:低コストで建てられる(プレハブ工法)

プレハブ工法で建設される軽量鉄骨造は、低コストで建てられる点もメリットのひとつ。

軽量鉄骨はその名の通り軽量なので、基礎工事のコストを低く抑えられます

木材と変わらない重さなので人力でも運搬でき、狭小地でも建設しやすいでしょう。

戸建てでのコストカットはもちろん、賃貸物件では家賃を安く抑えられるメリットもあります。

2-3.メリット3:木造住宅にくらべて法定耐用年数が長い

木造住宅の法定耐用年数は22年ですが、3㎜以上4㎜以下の軽量鉄骨造は27年と法定耐用年数が長く設定されています。

前項でも述べたように、あくまでも税制上の規定ですので単純に木造住宅より建物の寿命が長いというわけではありませんが、周りの環境やメンテナンスの頻度など同等の条件であれば、木造住宅より長く住める可能性が高いでしょう

木造住宅の場合、シロアリによる害虫被害やその防止対策が必要になってきますが、軽量鉄骨造であれば害虫による建物の被害は比較的少ないと考えられます。

2-4.メリット4:木造住宅にくらべ、高い耐震性がある

軽量鉄骨造は木造住宅にくらべ、高い耐震性が期待できます。

一言に木造住宅といっても、工法の違いや職人の腕によって耐震性には差がつきますが、木材にくらべれば鉄骨は丈夫で、倒壊の危険は鉄骨のほうが少ないでしょう。

耐震性に優れているのは、「木造(W造)」<「軽量鉄骨造(S造)」<「重量鉄骨造(S造)」<「鉄筋コンクリート造(RC造)」<「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」の順です。

2-5.メリット5:維持費や解体費が低く抑えられる

軽量鉄骨造は、建てる際のコスト・建てた後の維持費・解体費と、どれをとっても比較的安いのが特徴です。

軽量鉄骨は手に入れやすく、価格も安定しているため、建物自体の価格が低く抑えられます。

マイホームを建てて長年住んだり、持っている土地を利用したマンション経営を考えたりしているなら、固定資産税を抑えられるのも大きなメリットといえるでしょう。

また、修繕(メンテナンス)も比較的低価格でできるため、ランニングコストという面でもメリットがあり、解体する際も解体しやすい材料・構造です。

建設、維持、解体を通して低コストが実現できる点は、軽量鉄骨造ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

3.軽量鉄骨造のデメリット

軽量鉄骨造のデメリット

軽量鉄骨造はメリットが多い一方、注意すべきデメリットもあります。

軽量鉄骨造のデメリットは生活する中で感じるものが多いため、しっかり把握しておきましょう。

軽量鉄骨造のデメリット
  1. 耐火性が劣る
  2. 通気性や断熱性が低い
  3. コンクリート造にくらべ遮音性に劣る
  4. リフォームがしにくい

3-1.デメリット1:耐火性が劣る

軽量鉄骨造は、RC造やSR造よりも耐火性に劣ります。

「鉄骨」と聞くと木造よりも火に強いイメージがあるでしょう。

しかし、一概にそうとはいえません。

在来工法で建設された木造住宅は火の通り道ができてしまうため、火災が燃え広がりやすい特徴がありますが、木材そのものは燃え尽きにくく、倒壊するまでに時間がかかります。

一方、軽量鉄骨は高い熱にさらされると木材よりも影響を受けやすく、倒壊しやすいと言われています。

ただし、近年は熱の影響を受けないよう、耐火被覆材を使用している物件も増えてきているので、軽量鉄骨造の耐火性も徐々に高まりつつあるようです。

コストを抑えつつ火事に強い軽量鉄骨造にできないか、ハウスメーカーや施工業者に相談してみるとよいかもしれません。

3-2.デメリット2:通気性や断熱性が低い

軽量鉄骨造は、木造建築にくらべると通気性が劣ります。

室内に一度溜まった熱は逃げにくく、一度冷えると温まりにくい性質があり、夏はより暑く、冬はより寒く感じやすいでしょう。

木材の場合、周りの湿度が高い場合に湿気を吸い取り、周りの空気が乾燥すると溜めていた湿気を吐き出す性質があります。

鉄骨にはこのような性質がないため、木造住宅にくらべると調湿性という面でも過ごしにくく感じるかもしれません。

湿気が溜まりやすいため、結露やカビにも注意が必要になるでしょう。

また、断熱性も木造に劣るため、これも冬に寒く感じやすい原因です。

こうした理由からエアコンや暖房器具などの仕様頻度が増え、光熱費が上がってしまうという心配もあります。

可能であれば調湿機能付きの壁紙を使ったり、断熱材を入れたりといった対策を検討してみましょう。

3-3.デメリット3:コンクリート造にくらべ遮音性に劣る

室内の音が漏れないようにしたり、外からの音を防いだりといった遮音性はコンクリート造にくらべると軽量鉄骨造は劣ります

木造とくらべると同等程度か少しだけ優れているという場合もありますが、ほとんど変わりません。

遮音性の高さを求めるなら、「鉄筋コンクリート造(RC造)」か「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」になるでしょう。

3-4.デメリット4:リフォームがしにくい

軽量鉄骨造は軽い鉄材を使用しているため、強度を高める必要性から壁部分に筋合いと呼ばれる補強材を入れています。

そのため、リフォームしにくいというデメリットがあります。

戸建て住宅でライフステージが進むごとにリフォームをしながら長く住みたいと考えているのであれば、軽量鉄骨造は不向きかもしれません

初期投資は抑えられますが、その後のアレンジはできないと考えておきましょう。

4.まとめ

軽量鉄骨造は低コストで工期も短く、維持や解体も安く済みます。

一方で、通気性や防音性には多少デメリットがあり、リフォームしにくい特徴があります。

特に、ライフステージに合わせてリフォームしながら長く住み続けたいと考えているのであれば、軽量鉄骨造のメリット・デメリットをしっかり把握した上で検討していくことが欠かせません。

初期費用や維持費といったお金の面だけでなく、住みやすさなども考慮に入れながら、満足できるマイホーム建設の計画を立てていきましょう。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する