静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

建築確認申請が不要になるケースと建物は?申請が必要な理由

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 建築確認申請が不要になるケースと建物は?申請が必要な理由

建築確認申請が不要になるケースと建物は?申請が必要な理由

更新日:
建築確認申請が不要になるケースと建物は?申請が必要な理由

建設確認申請とは、土地に建物を建築するときや大規模な修繕・改修をするときに、建築基準法に違反した建物を建てないよう、都道府県や市などの担当課に必要な書類を提出する手続きのことです。

この記事では、この建設確認申請が不要になるケースや申請が不要な建物について解説していきます。

土地に建物を建てるときの法律を知って、建築確認申請がどんなものか把握しておきましょう。

1.建築確認申請とは? 

ここでは、建築確認申請の手続きについて解説していきます。 

建築確認申請の要・不要を見極める前に、建築確認申請がどのようなもので、なぜ必要になるのかから見ていきましょう。

建築確認申請とは?
  • 土地に建築物を作る際、その建物が建築法に違反しないための確認手続き
  • 建物の修繕や改築を行う際にも必要になる場合がある
  • 工事の着工前に「特定行政庁」か「確認検査機関」に設計書を提出し、建築基準法に適合しているかチェックをしてもらう
  • 違反していないと認められると「確認済証」が交付される
  • 申請は資格・経験・知識などがある建築士が建築主から依頼を受け、代理者として行う場合が多い
  • 申請を行わずに建築・改築・増築に着工してしまうと違法となる

建設確認申請とは、土地に建築物を作る際、その建物が建築法に違反しないための確認手続きです。

すでにある建物の修繕や改築をおこなう場合にも、建築確認申請が必要になることもあります。

建築確認を略して「建確」と呼ばれることもあるようです。

建築確認申請では、工事の着工前に「特定行政庁」か「確認検査機関」に設計書を提出し、建築基準法に適合しているかどうかをチェックしてもらいます。

特定行政庁とは、建築主事(建築確認や中間・完了検査などを行う公務員)のいる地方公共団体の長のことです。市町村長や都道府県知事が管轄しています。

確認検査機関とは、建築確認や検査を行う機関として国土交通大臣や都道府県知事から指定されている、民間の機関のことをいいます。

まず、建築主は建築確認申請を特定行政庁か確認監査機関に提出します。

意匠・構造・建築設備などについて審査を受け、違反箇所を指摘された場合は修正して再提出しなければなりません。

審査をした上で建築基準法に違反していないと認められれば「確認済証」が交付され、建築や改築に着手できます。

申請は建築主が直接行うこともできますが、大抵は建築士が建築主の依頼を受け、代理者として申請するケースがほとんどです。

建築確認申請は必要な書類を提出して建築法に適合していることを証明しなければならないため、建築士資格、確認申請の経験、建築基準法の知識などがないと検査機関の審査をパスできる書類の作成は難しいでしょう。 

この建築確認申請を行わずに家を建てたり、改築・増築に着工したりすれば違法となってしまいます。

施工会社や土地の所有者などに対して違反の是正措置を講じるよう求め得られ、従わない場合は施工の停止・禁止命令が下されます。

それでも従わず違法な工事を続けていると罰金刑・懲役刑が課される可能性があるため、必要な建築確認申請は必ず行わなければいけません。 

2.建築確認申請が不要になるケース 

建築確認申請が不要になるケース

なかには建築確認申請が不要になる場合もあります。

どのようなケースで建築確認申請を行う必要がないのか、法的根拠を元に解説していきましょう。

建築確認申請が不要になるのは、以下のいずれかに該当する場合です。

建築確認申請不要なケース
  1. 都市計画区域外、準都市計画区域外、準景観地区外、都道府県知事が関係市町村の意見を聴いて指定する区域外の地域にある4号建築物(法6条4号建築物)を建築する場合
  2. 法6条4号建築物の大規模な修繕・模様替えを行う場合
  3. 防火地域、準防火地域外において、増築、改築又は移転に係る部分の床面積の合計が10㎡以内である場合
  4. 床面積200㎡以下または特殊建築物以外の用途変更
  5. 建築物の定義に当てはまらないもの
  6. 建築基準法の適用を受けない建築物を扱うとき
  7. 仮設建築物の一部を修繕または建設するとき(災害時の応急仮設建築物、現場事務所など)

2-1.4号建築物とは?

4号建造物とは、1号から3号の建築物以外の建築物です。

1号建築物
  • 特殊建築物
  • 用途が200平方メートルを超える建築物
2号建築物
  • 木造で3以上の階数を有している
  • 延べ面積が500平方メートル、高さ13m
  • 軒の高さが9mを超えるもの
3号建築物
  • 木造以外の建築物
  • 2以上の階数を有している
  • 延べ面積が200平方メートルを超える建物
4号建築物
  • 用途が原則、特殊建築物ではない
  • 木造建築物で、有する階数が2以下、延べ床面積が500平方メートル以下であり、高さが13m以下であり、軒高9m以下である建物。もしくは、木造以外の建築物で、有する階数が1階のみで、延べ面積200平方メートル以下の建物。

4号建築物は小規模な建築物になります。

大規模な修繕や模様替え、リフォームを行うとしても、4号建築物であれば建設確認申請が不要です。

また、都市計画区域外や準都市計画区域外など都道府県により指定されている場所以外で、4号建築物を新築する場合も建設確認申請は不要になります。

建築基準法は都市が発展していく中で作られていった法律であるため、都心から離れた場所で小さな建造物を作る場合はあまり制限が課されず、建築法の確認も不要となります。

2-2.特殊建築物とは?

特殊建築物とは建築基準法別表第1により定められている、以下のような用途の建築物です。

  1. 劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場
  2. 病院、診療所、ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎など
  3. 学校、体育館、博物館、図書館、ボウリング場、スケート場など
  4. 百貨店、マーケット、展示場、ダンスホール、キャバレー、料理店、飲食店、遊技場、公衆浴場など
  5. 倉庫
  6. 自動車車庫、自動車修理工場、映画スタジオ

上記に加えて、危険物貯蔵場、と畜場、火葬場、汚物処理場なども、特殊建築物に含まれる場合があります。(建築基準法2条2号)

3.建築確認申請が不要な建物 

建築確認申請が不要な建物

建設確認申請が不要な条件を踏まえた上で、ここでは、建設確認申請が不要になる建物を具体的にご紹介します。

建築確認申請が不要な建物

都市計画区域外の4号建築物

建築基準法上の建築物扱いにならない建物

その他の建設確認申請不要の建物

3-1.都市計画区域外の4号建築物

前項でも述べましたが、都市計画区域外や純都市計画区域外などにある4号建築物の、新築、増築、改築、移転などは建設確認申請が不要です。

また、4号建築物の大規模な修繕、大規模な模様替えなども建設確認申請は不要になります。

つまり、在来工法で建てられている2階建て以下の住宅のほとんどは4号建築物にあたります。

都市郊外や山間部の土地などに2階建ての一軒家や平屋(延べ面積200平方メートル以下)を建てるのであれば、基本的に建設確認申請は不要です。

3-2.建築基準法上の建築物扱いにならない建物

「建築物」にも定義があり、以下の条件いずれかひとつに該当するものは建築物です。 

  • 土地に定着している工作物のうち、屋根及び柱、あるいは壁を有しているもの
  • 上記の建築物に附属している門もしくは塀
  • 観覧のための工作物
  • 地下、もしくは高架の工作物内に設ける事務所、店舗、興行場、倉庫、その他これらに類する施設
    (鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する施設並びに跨線橋、プラットホームの上家、貯蔵槽その他これらに類する施設を除く。)
  • 建築設備

たとえば、奥行きが1m以内や高さが1.4m以下の小規模な倉庫(物置き)であれば、建設物とはみなされません

ちょっとした空き地を手に入れて小さな倉庫を作りたいというのであれば、建設確認申請は不要です。 

3-3.その他の建設確認申請不要の建物 

住居や倉庫以外には、国、都道府県、建築主事を置く市町村が建築する建物や、災害時の公益上必要な用途に供する応急仮設建築物、工事用仮設建築物なども建設確認申請は不要です。

災害時であれば災害救助のため、あるいは被災者が自らの使用のために、防火地域外に建築する30㎡以内の応急仮設建築物も建設確認申請が要りません。

4.まとめ

建築法は、都市が発展していく中で安全に建物の建設を行うための法律です。

建設物と定義された建物をどこに建てるかで、建設確認申請が必要か・不要かが決まります。

住宅を建てる場合は、建てる場所や家の大きさ、階数などから建設確認申請の必要性が判断できるでしょう。

概ね業者さんが担当してくれると思いますが、ちょっとした空き地に小さな倉庫などを建てる際には申請が不要になるので、覚えておくと便利かもしれません。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する