静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

高気密・高断熱の住宅とは?工法とメリット・デメリット

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 高気密・高断熱の住宅とは?工法とメリット・デメリット

高気密・高断熱の住宅とは?工法とメリット・デメリット

更新日:
高気密・高断熱の住宅とは?工法とメリット・デメリット

高気密・高断熱の設計をとりいれた、省エネルギー住宅を建てると、光熱費を節約できたり、日々快適に過ごせたり、一定の水準以上で、国の補助金制度が利用できたりと、さまざまなメリットがあります。

特に、暑い季節や寒い季節には、エネルギーの消費が大きくなりがちです。

そこで、この記事では、こうしたエネルギー消費を節約できる、高気密・高断熱の住宅についてご紹介します。

高気密・高断熱の仕組みや、メリット・デメリットについても解説するので、住宅購入の参考にしてみてください。

1.高気密・高断熱の住宅とは

高気密・高断熱であれば外の気温に左右されにくいため、暑い季節は涼しく、寒い季節は温かい家づくりができます。

ここでは、どのような住宅が高気密・高断熱といえるのか解説していきましょう。

高気密・高断熱の住宅は、壁や床、天井などに断熱材を使用し、断熱性・気密性を実現した住宅です。

気密とは、家の隙間をできる限り無くして、室内の空気と外の空気が交わらないようにすることをいいます。

そして、断熱とは、壁や屋根などに断熱材を充填したり外側から覆ったりして、家の中と外の熱が伝わりにくくすることをいいます。

この気密と断熱を効果的に行えば、暑い季節は外の暑さが家の中に伝わらないようにして、室内の涼しい空気を外に逃がさず、循環させることができます。

逆に、寒い季節は外の冷たい空気が家の中に入らないようにして、室内の温かい空気を外に逃がさず循環することができます。

どのような住宅が高気密高断熱住宅になるか、明確に基準が定められているわけではありません。

そのため、チラシやパンフレット、ホームページで「高気密」「高断熱」と銘打って販売されている住宅も、ハウスメーカーや工務店が独自の基準を設けて謳っているケースがほとんどです。

目安となるのは、「C値」と「UA値」という基準です。

「C値」は「相当隙間面積」とも呼ばれ、C値が低い=隙間が少ない=高気密といえます。

実際に家を建てた後で気密測定を行うため、施工業者や職人の腕に左右される数値です。

また、「UA値」は正式名称を「外皮平均熱貫流率」といい、熱量がどれほど家の外に出ていくかを表しています。

C値と同じく、数値が低いほど断熱性が高いことを表します。

こうしたC値やUA値が低ければ低いほど高気密・高断熱の住宅といえますが、明確な基準が定められているわけではないため、ハウスメーカーや施工業者がどれくらい高気密・高断熱に力を入れているかを見極めることが大切です。

たとえば、省エネルギー対策等級4や断熱等性能等級4を上回る施工を目指している会社や、実際に住んでいる方の評価が高い業者を選ぶといった具合です。

広告の文言だけを鵜呑みにせず、自身でしっかり業者を選んでいきましょう。

また、一定の省エネ・創エネ基準をクリアした高気密高断熱の住宅であれば、「地域型住宅グリーン化事業」や「ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)支援事業」などの補助金制度や、「低炭素住宅の住宅ローン減税」や「長期優良住宅の住宅ローン減税」といった減税制度も利用可能です。

2.高気密・高断熱の住宅のメリット

高気密・高断熱の住宅のメリット

ここでは、高気密・高断熱住宅のメリットをいくつかご紹介します。今後の暮らしを左右する要素もあるため、メリットをしっかり把握しておきましょう。

高気密・高断熱の住宅のメリット

光熱費が節約

ヒートショックのリスクが下がる

家事が快適になる

防音効果が高い

2-1.光熱費の節約ができる

解説してきたように、気密性・断熱性が高ければ外気温の影響を受けにくいため、その分、冷暖房費が節約できます

暑い季節も寒い季節も比較的快適に過ごせるため、「熱帯夜で寝苦しい」「寒くて朝起きたり着替えたりするのが辛い」といったことが減るかもしれません。

2-2.ヒートショックのリスクが下がる

さらに、健康面でのメリットもあります。

たとえば、寒い季節に注意したいのがヒートショックという現象です。

これは温かい場所から寒い場所に移動した際、血管が収縮し、血圧が急上昇。

その後、温かい場所に移動すると、今度は血管が拡張し、血圧が急低下するというものです。

このような血圧の乱高下は血管や心臓に負担をかけ、心疾患などの原因にもなります。

寒い季節の入浴時、特に高齢者は、ヒートショックに注意が必要です。

事実、2020年の「家及び居住施設の浴槽における死亡者数」は4724人に上り、交通事故による死亡者数の2倍以上となっています。

高気密・高断熱の住宅であれば、住宅全体の寒暖差が小さくなるため、こうしたヒートショックのリスクを下げることができます

2-3.家事が快適になる

そのほか、無駄な湿気の流入を防げるので、部屋干しを強いられる季節も洗濯物が比較的よく乾きます

また、結露がおきにくく、カビが発生しにくいといった特徴もあるため、家事の快適さをアップできるでしょう。

加えて、2002年に定められた改正建築基準法によって「24時間換気システム」設置が義務付けられたので、いつでも新鮮な空気を取り込めます。

感染症対策にも寄与するため、家族の健康を守りたい方にとっても嬉しいシステムです。

2-4.防音効果が高い

高気密・高断熱の住宅は外の音が聞こえにくく、屋内の音も断熱材が吸収してくれるので、防音効果もアップします。

静かに過ごしたい方はもちろん、子どもやペットがいる場合には、安心して声を出せるでしょう。

3.高気密・高断熱の住宅のデメリット

高気密・高断熱の住宅のデメリット

健康面でのメリットもあり、快適に過ごせる高気密・高断熱の住宅ですが、覚えておきたいデメリットもあります。

上手に高気密・高断熱の住宅で暮らすためにも、リスクを把握しておきましょう。

高気密・高断熱の住宅のデメリット

コストが高くなる

使用する暖房機器に注意

乾燥に注意

内部結露に注意

3-1.コストが高くなる

高気密・高断熱の住宅は、高い技術により気密性を高め、質の良い断熱材を使用することで実現します。

当然、一般的な住宅にくらべると、建設コストが高くなるデメリットは避けられません。

ハウスメーカーや施工業者によって異なりますが、坪単価で数万円~十万円の追加施工費用がかかることもあります。

前項でも述べた通り、冷暖房費の節約ができるようになるため、今後の快適な暮らしへの投資と考えることもできるでしょう。

目先の損得だけでなく、今後の生活を通してのコストパフォーマンスを考えた上で検討してみてください。

3-2.使用する暖房機器に注意

高気密・高断熱の住宅では、一酸化炭素が発生する恐れのある、開放式の石油暖房器具が使えないケースがあります。

ただし、外から空気を取り入れ、燃焼後外へ排気する密閉式(FF式)暖房機具であれば問題ありません。

使用できる暖房器具は限定されますが、高気密・高断熱の住宅ではエアコンだけでも十分温度調節が可能です。

あえて石油暖房器具を使う必要がないケースも多いので、ご自身のお住まいや環境に応じて検討してみてください。

3-3.乾燥に注意

高気密・高断熱の住宅は冬でも暖かい室温を保てますが、外気の温度が低い冬に室内を暖めると湿度(相対湿度)が下がり、空気が乾燥しやすくなってしまいます

空気が乾燥しすぎると、美容や健康に良くないという一面も......。

加湿器を利用したり、湿度計を設置してチェックしたりと、ある程度の潤いケアが必要になるかもしれません。

3-4.内部結露に注意

内部結露とは、壁内や床下といった目に見えないところに発生する結露です。

室内から壁、床から地面、床下へと水蒸気が流れ込んで冷やされてしまうと、こうした見えない場所で結露が起きる可能性があります。

断熱材にカビが生えてしまうと本来の性能が発揮できず、せっかくの高気密・高断熱の住宅が台無しです。

内部結露を防ぐには、壁面や床下に防湿層・通気層を設置するといった施工が必要になります。

施工実績などを見て、信頼できる工務店やメーカーを選ぶようにしましょう。

4.まとめ

高気密・高断熱の住宅であれば、一定の水準以上で国の補助金などを利用できるほか、暑い季節も寒い季節も快適に過ごせるメリットがあります。

健康面でのメリットもたくさんあるため、高齢者や子どもがいる家庭にも優しい家といえるでしょう。

一方で、コスト高や施工業者選びを慎重にする必要があるなど、デメリットを把握しておくことも大切です。

高気密・高断熱の特徴を理解した上で信頼できる施工業者やハウスメーカーを選べば、よりよい家づくりができるでしょう。

ハウスアドバイザーがサポート! 状況に合わせてピタッと選べる相談方法
これから会員登録
される方
すでに会員登録
されている方

おすすめ記事

関連記事カスタムフィールド: 154,164,37,38,35,155

記事を共有する