静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

おすすめの注文住宅のオプション12選|後悔しない選び方を解説!

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. おすすめの注文住宅のオプション12選|後悔しない選び方を解説!

おすすめの注文住宅のオプション12選|後悔しない選び方を解説!

更新日:
おすすめの注文住宅のオプション12選|後悔しない選び方を解説!

注文住宅には多種多様の魅力的なオプションがあるため、どのオプションを選べばよいのか悩む方は多いのではないでしょうか。

代表的な注文住宅のオプションには、次のようなものがあります。

注文住宅のオプション例
スマートキー 専用のスマートキーを所持していれば鍵を鍵穴に入れて回さなくても開錠することができる玄関の鍵
ハイドア 通常より高さの高いドアのことで、床から天井ギリギリまでの高さのドア
パントリー キッチンの中か近くに設置する収納のための小部屋(食品庫)
ビルトイン食器洗浄乾燥機 シンクの下などのスペースに収納できる食器洗浄乾燥機
浴室暖房乾燥機 浴室を乾燥させる・暖める・換気をする・涼しい風を送る・24時間換気をするといったさまざまな機能を備えた浴室用空調設備
室内物干し 部屋干しに活用できる浴室や洗面所に設置する物干し
高性能窓ガラス ガラスが2枚になっているペアガラスや3枚重ねのトリプルガラスなどで、家の基本性能を上げる
無垢材の床 丸太から直接切り出したままの木材を使用した床材

このように注文住宅は、玄関から居室・バス・トイレ・キッチンに至るまで、さまざまな場所にオプションをつけることが可能です。そして、オプションをつけることで住環境を格段に快適にしたり、インテリアを上質な雰囲気にしたりできます。

それだけに、オプションの特徴や役立つ場面を正しく把握して慎重に選ばないと、

  • 予算を大きく超えてしまう
  • せっかくオプションをつけたのに使わなくて後悔する

などの失敗をしてしまいがちです。

そこで今回は、数あるオプションの中から本当に選ぶべきものを見極めるために、押さえておくポイントをご紹介します。

  • 代表的な注文住宅のオプションの特徴
  • 各オプションが役立つシーン
  • 各オプションの費用相場
  • 注文住宅のオプション選びのポイント

上記の内容を押さえることで、ついつい不要なオプションをつけてしまって後悔してしまったという事態を回避することが可能です。つけてよかったと思えるオプションを選んでコストパフォーマンスの高い注文住宅づくりをするためにも、注文住宅のオプションについて知識を深めておきましょう。

1. 代表的な注文住宅のオプション|玄関・外まわり編

代表的な注文住宅のオプション|玄関・外まわり編

注文住宅のオプションを選ぶために、まずは、代表的な注文住宅のオプションを把握しておきましょう。どのようなオプションがあって、どういうときに役立つのか知っておけば、自分のライフスタイルに最適な本当に必要なオプションを選ぶことができるからです。

ここでは、玄関・外回りにつけるのにおすすめの代表的なオプションを3つご紹介します。

代表的な注文住宅のオプション|玄関・外まわり編
  1. スマートキー
  2. ハイドア
  3. タイル外壁

オプションの概要や費用相場などを以下で解説しますので、自分の生活スタイルで必要かどうか判断する参考にしてください。

1-1. スマートキー

スマートキー

スマートキーとは、専用のスマートキー(リモコンのようなものやスマートフォンなど)を所持していれば、鍵を鍵穴に入れて回さなくても開錠することができる玄関の鍵の一種を指します。指紋認証で開錠できるタイプや、オートロック機能を備えるものなどさまざまです。

スマートキーが役立つシーン
  • 荷物が多い、子どもを抱きかかえているなど、手がふさがっているとき
  • 暗くて鍵穴が見えづらいとき
  • ピッキング被害が心配なとき
  • 急いでいるときなど鍵をかけ忘れることがあり、オートロックに魅力を感じる場合

スマートキーは、家に入るときの手間を圧倒的に減らし防犯性を高めてくれるので、鍵を鍵穴に入れて開けることを煩わしく感じる機会が多い人や、小さな子どもがいるご家庭などに向いています

一方で、スマートキーは

  • 通常の鍵より設置費用が高い
  • スマートキーの電池が切れると鍵が開かない
  • 在宅時はスマートキーを玄関から2~3m離して保管しないと、鍵が開いてしまう

などの注意点もあるので、コストを少しでも抑えたい人や、スマートキーの管理に気を遣いたくない人、玄関の開錠を煩わしいと感じることがほとんどない人は、避けたほうがよいでしょう。

スマートキーの費用相場は、3〜10万円程度です。

スマートキーがおすすめな人
  • 鍵を鍵穴に入れて開けることを煩わしく感じる機会が多い人
  • 小さな子どもがいるご家庭

1-2. ハイドア

ハイドアとは、通常より高さの高いドアのことで、床から天井ギリギリまでの高さのドアを指します。

家の顔とも言える玄関ホールのドアをハイドアにすることで、開放感と高級感を演出することが可能です。もちろん居室も全部ハイドアにすればとても開放感のある家にできますが、コストがかさみます。

ハイドアが役立つシーン
  • 広々とした開放的な雰囲気を演出したい
  • 風通しのよい住環境を大事にしている

スタイリッシュな空間づくりに向いているハイドアは、上質なインテリアが好きな人や、開放的な住空間を作りたい人におすすめです。

反面、ハイドアには

  • 一般的なドアの約2倍近くの価格
  • 開け閉め時に重たい

などの点に注意する必要があります。そのため、ドアにコストをかけたくない場合や、高齢者など力の弱い人が住む場合は、避けたほうが無難でしょう。

費用相場は、ドア1枚あたり4〜6万円程度です。

ハイドアがおすすめな人
  • 上質なインテリアが好きな人
  • 開放的な住空間を作りたい人

1-3. タイル外壁

タイル外壁とは、板状の陶磁器でできた外壁材で仕上げた外壁を指します。メンテナンスしやすく高級感が出せることから人気の高い外壁材の1つです。

タイル外壁が役立つシーン
  • 掃除が簡単で、お手入れに労力を要しない外壁にしたい
  • 年数が経っても劣化しにくい耐久性の高い外壁材を使いたい
  • デザイン性の高い外観にしたい

このように、外壁のランニングコストを抑えたい人や、多少の初期コストがかかっても外観にもこだわった注文住宅を建てたい人には、タイル外壁が向いています

一方でタイル外壁には、

  • コストが高く、一般的なサイディングの2倍程度になる
  • 施工に高い技術を要するため、実績のある業者に依頼する必要がある

といったデメリットもあります。初期費用を抑えたい人や施工に時間をかけたくない人などには、向かないと言えるでしょう。

タイル外壁の費用相場は、1㎡あたり7,000〜11,000円程度です。

タイル外壁がおすすめな人
  • 外壁のランニングコストを抑えたい人
  • 多少の初期コストがかかっても外観にもこだわった注文住宅を建てたい人

2. 代表的な注文住宅のオプション|キッチン編

代表的な注文住宅のオプション|キッチン編

ここでは、キッチンにつけるのにおすすめの代表的なオプションを3つご紹介します。

代表的な注文住宅のオプション|キッチン編
  1. パントリー
  2. ビルトイン食器洗浄乾燥機
  3. タッチレス水栓

どのようなケースに向いているオプションなのか、詳しく見ていきましょう。

2-1. パントリー

パントリーとは、キッチンの中か近くに設置する収納のための小部屋(食品庫)です。食材や飲み物をストックしたり、場所を取る調理器具を保管したりと、さまざまな活用方法があります。収納が足りなくなりやすいキッチンで、とても重宝するオプションです。

パントリーが役立つシーン
  • 災害時などに備えて食料や飲料水をストックしておきたい
  • 家族が多くてキッチンの収納が足りなくなりがち
  • いろいろな調理器具を揃えていて、収納場所に困っている

食料品のストックをしたい場合や、キッチンをすっきりと片付けて広く使いたい場合などに、パントリーは向いています

ただし、パントリーを作るにはある程度のスペースが必要です。他の部屋に広い面積を使いたい場合や、そもそも収納場所に困っていない場合などは、向かないオプションと言えるでしょう。

パントリーを作るためにかかる費用の相場は、約15万円〜です。

パントリーがおすすめな人
  • 食料品のストックをしたい人
  • キッチンをすっきりと片付けて広く使いたい人

2-2. ビルトイン食器洗浄乾燥機

ビルトイン食器洗浄乾燥機とは、シンクの下などのスペースに据え付ける食器洗浄乾燥機のことです。調理台の上など目立つ場所に設置する必要がないため、キッチンを広々と見せながら、家事の時短ができるありがたいオプションと言えます。

ビルトイン食器洗浄乾燥機が役立つシーン
  • 食器洗いの時間を別のことをする時間に充てて、時間を有効活用したい
  • 小さい子どもがいるので食器の除菌はしっかり行いたい
  • 食洗機は使いたいけれど、作業スペースを圧迫されるのは困る

家事を効率的にこなしたい人や、食器洗浄乾燥機がキッチンの作業スペースを圧迫することが気になっている人には、最適なオプションです。

なお、食器洗浄乾燥機には、

  • 電気代や専用の洗剤にかかるコストが発生
  • 大きな食器など使えない場合がある
  • 予洗が必要な場合がある

などのデメリットもあるため、食器洗浄乾燥機を使用しなくても特に困らない場合や、ランニングコストを抑えたい場合は、導入を避けたほうがよいでしょう。

ビルトイン食器洗浄乾燥機をつける費用の相場は、約8万円〜です。

ビルトイン食器洗浄乾燥機がおすすめな人
  • 家事を効率的にこなしたい人
  • 食器洗浄乾燥機をつけたいがキッチンの作業スペースを圧迫することは嫌な人

2-3. タッチレス水栓

タッチレス水栓とは、センサーで感知するなどして水を出せる水栓を指します。蛇口を扱わなくても水を出せることから衛生的など、メリットが多く人気の高いオプションです。

タッチレス水栓が役立つシーン
  • 料理中に汚れた手で蛇口を触りたくない
  • 小さい子どもや高齢者がいて、蛇口の操作が難しい場合がある
  • 蛇口周りの水アカ掃除から解放されたい

衛生面に気をつけたいと考えている場合や、バリアフリーな家づくりをしたい人、つい水を出しっぱなしにしがちで気になっている人などは、タッチレス水栓を導入するとよいでしょう。

反面、タッチレス水栓は、停電中は切り替えを行わないと使えない点や、温度調節などはタッチレスでない点に注意が必要です。通常の蛇口に何も不満がない場合や、猫などのペットがいる場合は、導入を避けたほうがよいでしょう。

費用は約5万円〜が相場です。

タッチレス水栓がおすすめな人
  • キッチンでも衛生面に気をつけたいと考えている人
  • つい水を出しっぱなしにしがちであることが気になっている人

3. 代表的な注文住宅のオプション|バス・トイレ編

 代表的な注文住宅のオプション|バス・トイレ編

バス・トイレに導入することで、日々の生活を快適にできるさまざまなオプションがあります。ここでは、代表的な以下の3つについて、どのようなオプションなのかを確認してみましょう。

代表的な注文住宅のオプション|バス・トイレ編
  1. 浴室暖房乾燥機
  2. 室内物干し
  3. トイレの埋込収納

3-1. 浴室暖房乾燥機

浴室暖房乾燥機とは、浴室を乾燥させる・暖める・換気をする・涼しい風を送る・24時間換気をするといった、さまざまな機能を備えた浴室用空調設備です。これ1台で浴室の環境を1年中快適に保つことができます。

浴室暖房乾燥機が役立つシーン
  • 高齢者や持病のある家族がいるので、ヒートショック対策がしたい
  • 花粉症なので、花粉が飛ぶ時期は洗濯物を室内で乾かしたい
  • カビが気になるので、どうにかしたい
  • 新築時のシックハウスが心配

ヒートショックやハウスダスト・シックハウスなどの対策をして家族の健康を守りたい場合や、洗濯物を室内で乾かしたい場合は、浴室暖房乾燥機を検討するのがおすすめです。

一方で、フィルター清掃が定期的に必要だったり、電気代がかかったりします。ですから、コストや手間を減らしたい場合や断熱をしっかりしている場合・24時間換気システムを別途導入する場合などは、導入には慎重になったほうがよいでしょう。

浴室暖房乾燥機を導入する費用の相場は、約10万円〜と少々お高めです。

浴室暖房乾燥機がおすすめな人
  • ヒートショックやハウスダスト・シックハウスなどの対策をして家族の健康を守りたい人
  • 洗濯物を室内で乾かす機会が多い人

3-2. 室内物干し

浴室や洗面所に設置できる室内物干しは、屋外に洗濯物を干せないときに大活躍します。使用頻度が少ない場合、使用しないときは場所を取らないように収納できるタイプがおすすめです。

室内物干しが役立つシーン
  • 洗濯物を外に干せないとき

【例】雨の日や夜間に洗濯をして外に出たくない、下着は外に干したくない、花粉症なので花粉が飛ぶ時期は干せないなど

室内物干しは、洗濯物を室内に干したい人には誰にでも向いています中でも、共働きの人や花粉症の人・浴室暖房乾燥機を設置する人には最適でしょう。

一方で、室内干しをしたくない人には向かないオプションと言えます。

室内物干し設置にかかる費用相場は約1万円〜4万円です。

室内物干しがおすすめな人
  • 共働きの人や花粉症の人
  • 浴室暖房乾燥機を設置する人

3-3. トイレの埋込収納

トイレの埋込収納とは、壁内部に埋め込むように作られた収納スペースです。トイレ側に出っ張りがほとんど出ないので、狭いトイレの空間を圧迫せずに収納場所を確保することができます。

トイレの埋込収納が役立つシーン
  • トイレをすっきり広々と使いたい
  • トイレットペーパーやトイレ用洗剤などは、トイレに保管したい

埋込収納のオプションが向いているのは、コストはかかってもトイレ空間をすっきりスタイリッシュに使いたい場合や、広めの収納スペースをトイレ内に確保したい場合です。

逆に、コストをできるだけ抑えたい場合は、慎重に考えたほうがよいでしょう。

トイレに埋込型の収納スペースを作る費用相場は、約3万円〜4万円です。

トイレの埋込収納がおすすめな人
  • トイレ空間をすっきりスタイリッシュに使いたい人
  • トイレ内にも収納は必要だと感じている人

4. 代表的な注文住宅のオプション|居室編

代表的な注文住宅のオプション|居室編

最後に、居室エリアにつけるオプションの代表例を見ていきましょう。

代表的な注文住宅のオプション|居室編
  1. 高性能窓ガラス
  2. 無垢材の床
  3. 床暖房

家族が集まることの多いリビング・ダイニングや各自の個室には、どのようなオプションをつけるとよいのか参考にしてください。

4-1. 高性能窓ガラス

ガラスが2枚になっているペアガラス・ガラスが3枚重ねのトリプルガラスなどの高性能窓ガラスは、家の基本性能を上げてくれるため、ぜひ検討してみたいオプションです。具体的には、断熱性能や遮音性・防犯性能などの向上が見込めます。

高性能窓ガラスが役立つシーン
  • 冬場の結露を減らしたい
  • 冷暖房効率を高めたい
  • 幹線道路沿いなので、騒音を何とかしたい
  • 旅行や出張など家を空ける機会があるので、空き巣が心配

高性能窓ガラスの導入が向いているのは、光熱費を削減したい場合や、住宅の資産価値を少しでも上げたい場合、家を長持ちさせたい場合などです。

一方で、とにかく初期費用を抑えたい場合は、導入に慎重になったほうがよいでしょう。高性能窓ガラス自体が普通の窓ガラスより高いことに加え、窓枠も専用のものが必要となる場合があるため、コストがかさんでしまうからです。

費用相場は、ペアガラスは概ね一般ガラスの3割増しで、トリプルガラスはペアガラスの2倍程度になっています。

高性能窓ガラスがおすすめな人
  • 光熱費を削減したい人
  • 住宅の資産価値を少しでも上げたい人

4-2. 無垢材の床

無垢材とは、丸太から直接切り出したままの木材のことです。合板などと違って接着剤やその他の添加物を使っていないため安全で、天然木の木目の美しさや風合いを楽しめることから人気があります。

無垢材の床が役立つシーン
  • ナチュラルなインテリアが好き
  • リラックスできる空間を作りたい
  • 夏は涼しく冬は暖かい床材を使いたい

裸足で歩いても気持ちのよいフローリング床を求めている場合や、多少の手入れはしてもよいので天然素材で家づくりをしたい場合は、無垢材の床が向いていると言えるでしょう。

一方で、無垢材は

  • 傷がつきやすい
  • 皮脂がつきやすいのでお手入れが必要
  • 日焼けする
  • 床暖房対応の無垢材でないと床暖房は使えない

といった側面もあります。天然素材にこだわらない場合や、家の手入れにかかる時間を極力減らしたい場合は、避けたほうが無難でしょう。

費用相場は、木材の種類によって差がありますが、1㎡あたり約2,000円〜3万円です。

無垢材の床がおすすめな人
  • 裸足で歩いても気持ちのよいフローリング床を求めている人
  • 天然素材で家づくりをしたい人

4-3. 床暖房

床暖房とは、床内部にヒーターや温水パイプを設置し、その熱で床全体を温めるタイプの暖房設備です。温風が発生しないのでほこりが舞い上がらず、空気も乾燥しない快適な使い心地が人気ですが、暖かくなるまで時間がかかるという弱点もあります。

床暖房が役立つシーン
  • 乾燥が気になるからエアコンは使いたくない
  • エアコンのフィルター掃除が面倒
  • 冬場に足元が冷えるのを何とかしたい
  • 子どもがいるからヒーターは心配

床暖房のオプションを導入するのが向いているのは、子どもや高齢者がいる家庭や、エアコンを使いたくない場合です。

なお、床暖房は、初期費用が高い・エアコンより光熱費がかかるといったコスト面の負担があります。コストを抑えたい場合や、エアコンを不快に思ったことが無い場合などは、あまり向かないでしょう。

床暖房の設置費用は、6畳あたり約30万円〜が相場です。

床暖房がおすすめな人
  • 子どもや高齢者がいる家庭
  • エアコンを使いたくない人

5. 後悔しない!注文住宅のオプション選びのポイント

後悔しない!注文住宅のオプション選びのポイント

代表的なオプションだけでもさまざまな種類があり、目移りしてしまいますよね。ついつい、あれもこれもとオプションを選んで後悔しないためには、以下のポイントを押さえるのがおすすめです。

後悔しない!注文住宅のオプション選びのポイント
  1. まずは予算上限を決める
  2. 生活スタイルと利用頻度を踏まえて選ぶ
  3. メンテナンスのしやすさもチェック
  4. 建築時でないとつけられないものを優先

それぞれ、どのようなところがポイントになるのか、確認してみましょう。

5-1. まずは予算上限を決めよう

オプションを検討する前に、必ず予算上限を決め、上限を超えるオプションはつけないようにしましょう。

どのオプションもそれなりに便利であるため、最初に上限を決めておかないと、つけたいオプションがどんどん増えてしまい、最終的に建築費が跳ね上がってしまうためです。また、本当に必要なオプションなのかどうかを正しく判断するためにも、予算上限という制約がある中で熟考しやりくりすることが大切になります。

予算上限内に確実に納めてオプションを選ぶことが、後々、後悔しないためにとても重要です。

5-2. 生活スタイルと利用頻度を踏まえて選ぼう

どのオプションを選ぶか迷ったら、生活スタイルと利用頻度を基準に判断するようにしてください。

例えば床下収納をキッチンに作るかどうか迷ったら、

  • 日ごろの生活スタイルから見て、わざわざしゃがんで床下に収納するのか
  • あまり出し入れをしない前提の床下収納は、どれくらいの頻度で使うのだろうか

などのように判断しましょう。

後悔することが多いのは、オプションをつけたのに結局ほとんど使わない場合であるため、本当に使うのかどうか実際の生活状況に即して客観的に検討する必要があるためです。

先ほどの床下収納の例で言うと、実は腰痛持ちでしゃがんで収納は難しい状況なのに、何となく収納スペースは多いほうがよいかもと考えて安易に作ってしまうと、結局1度も使わない結果になりかねませんよね。

生活スタイルと利用頻度を踏まえて、活用できると確信できるオプションを選んでください。

5-3. メンテナンスのしやすさもチェックしておこう

オプションを選ぶ際は、設置にかかる費用だけでなく、メンテナンスにかかる費用や手間も念頭に置いて検討しましょう。

ランニングコストがかかると、家計を圧迫しますし、メンテナンスに手間がかかると、煩わしくなってオプションをつけたことを後悔することになりがちだからです。

例えば、無垢材の床は天然素材で経年変化も楽しめてリラックス効果もある魅力的な床ですが、美しい状態を保つには、傷や日焼けのケアなどでコストや労力を要します。

このように、実際に使い始めた後はどういうことが必要なのかを把握して、それでも欲しいと思えるオプションを選ぶようにすることが、後悔しないオプション選びには欠かせません。

5-4. 建築時につけたほうがよいものを優先しよう

配管が必要なビルトイン食器洗浄乾燥機や、床板の下に設置し配管も必要な床暖房など、家の内部に影響があるオプションを優先的に選んでおくことをおすすめします。

これらのオプションは住宅の完成後でもつけられないわけではないですが、建築時につけておいた方が、コストがかなり抑えられるためです。

例えば、建築時なら配管をそのまま通せばよかったものが、完成後は、すでに完成した配管を一度外してやり直すなどの手間がかかります。オプションによっては、工事中は仮住まいに移る必要が出てくる場合もあり、無駄に費用がかかってしまうのです。

オプション選びで迷ったら、建築時につけたほうがよいのか、完成後でも違いはないのか、確認してみましょう。

【静岡県に家を建てるひと、必見!】「建てピタ しずおか」
新築お祝い金をプレゼント!!!

スマートな、注文住宅づくりは、建てピタ しずおか

6. まとめ

今回は、多種多様なオプションの中から本当に選ぶべきものを見極めるために押さえるべきポイントについて解説しました。

代表的な注文住宅のオプションとして、次のようなものがあります。

代表的な注文住宅のオプション

注文住宅のオプション選びのポイントは、以下のとおりです。

注文住宅のオプション選びのポイント

注文住宅のオプションについて知識を身に付けることで、つけてよかったと思えるオプションを選んで、コストパフォーマンスの高い注文住宅づくりをできるようになりましょう。

記事を共有する