静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」

30坪の注文住宅の費用相場は?費用実例から節約方法まで徹底解説

  1. 静岡で注文住宅を建てるなら「建てピタ しずおか」
  2. 注文住宅の家づくりを失敗しないためのお役立ち記事
  3. 30坪の注文住宅の費用相場は?費用実例から節約方法まで徹底解説

30坪の注文住宅の費用相場は?費用実例から節約方法まで徹底解説

更新日:
30坪の注文住宅の費用相場は?費用実例から節約方法まで徹底解説

「30坪の注文住宅を建てようと思っているけど、建築費用は大体どのくらいかかるのかな?」

「30坪の注文住宅って、一体どんな家が建つの?なんとなくイメージはあるのだけど、理想通りの家は建てられるのかな?」

30坪の注文住宅を建てるにあたり、上記のような点で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

注文住宅は自由度が高い分建築費が高くなりやすいため、予算の目安がわからないと不安ですよね。

日本住宅金融支援機構の最新データによると、30坪の注文住宅を建てる際の費用相場は以下の通りです。

  • 土地を既に持っていて、建築費用のみが必要な場合:2,820万円
  • 土地をこれから購入して家を建てる場合:3,927万円

30坪の注文住宅の予算相場

ただし上記の金額はあくまで相場であり、30坪の注文住宅が必ずしも費用相場に収まるとは限りません。

注文住宅の建築費用は、建築を依頼するハウスメーカーや工務店によって大きく異なります

あまりピンとこないかもしれませんが、たとえば

  • タマホーム:坪単価30万円〜45万円程度
  • 旭化成ホームズ:坪単価70万円〜80万円程度

といったように、選んだ建築業者によって費用が大幅に異なる傾向にあります。

坪単価は1坪当たりの金額なので、上記のどちらの業者を選ぶかによって、最大で1,500万円もの差が生じてしまいます。

そうは言っても、30坪の注文住宅がどのくらいの金額になりそうなのか、なるべく正確で具体的な数字を確認しておきたいですよね。

そこでこの記事では、30坪の家について以下のようなポイントについて詳しく解説します。

この記事でわかること

  • 30坪の注文住宅を建てる際の費用相場
  • ハウスメーカー別の坪単価
  • 30坪の注文住宅を建てる際の目安金額
  • 30坪の注文住宅の実例
  • 予算を超えないために押さえるべきポイント
  • 30坪の家を建てる際の建築業者の選び方

この記事を最後までお読みいただくと、30坪の家を建てる際の費用相場や、建てられる家のイメージがわかります。

30坪の注文住宅を建てようかお悩みの場合は、ぜひ最後までご一読ください。

1.30坪の注文住宅を建てる時の相場は2,820万円〜3,927万円

1.30坪の注文住宅を建てる時の相場は2,820万円〜3,927万円

冒頭でも少し触れた通り、30坪の注文住宅を建てる際の費用相場は2,820万円〜3,927万円です。

上記の費用相場に幅がある理由は、土地ありと土地なしで費用が異なるためです。

ここでは住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」の最新データをもとに、土地の用意が必要ない場合・土地を買ってから家を建てる場合の両方の費用相場について詳しく説明します。

30坪の家の費用相場を求めるためには計算が必要ですので、それぞれの費用相場について順番に確認していきましょう。

【計算には坪単価を使用する】


30坪の注文住宅の費用相場を求めるには、坪単価を出す必要があります。

坪単価とはその名の通り1坪あたりの金額のことで、「総額÷坪数=坪単価」との計算式にて求めることができます

ハウスメーカーの費用を比較する際など、今後何度も使用するワードですので、ぜひ仕組みを覚えておいてください。

1-1. 土地を既に持っている場合

土地を既に持っている場合の30坪の注文住宅の費用相場は、2,820万円です。

ただし上記の金額は計算をして算出したものなので、以下に計算式を紹介します。

フラット35利用者調査」のデータから、最初に坪単価の計算に必要な数値を選びます。

  • 注文住宅の建築費用の全国平均価格:3,534万円
  • 平均住宅面積:124.4㎡(=37.6坪)

坪単価は総額を坪数で割る必要があるため、3,534万円÷37.6坪の計算により、坪単価は94.0万円と求められます。

ただ今回は30坪の費用相場を知りたいので、坪単価に30をかけます。

94.0万円×30坪=2,820万円

上記のような計算式により、30坪の注文住宅の費用相場は2,820万円とわかります。

1-2. 土地を買ってから家を建てる場合

一方、土地を買ってから家を建てる場合(土地と家の両方にお金が必要な場合)の30坪の注文住宅の費用相場は、3,927万円です。

こちらも同様に「フラット35利用者調査」のデータから、最初に坪単価を求めます。

  • 注文住宅の建築費用の全国平均価格:4,397万円
  • 平均住宅面積:111.1㎡(= 33.6坪)

4,397万円÷33.6坪の計算により、坪単価は130.9万円と求められます。

同様に30坪の金額を算出するため、坪単価に30をかけてみます。

130.9万円×30坪=3,927万円

上記のような計算式により、30坪の土地付き注文住宅の費用相場は3,927万円とわかります。

2.30坪の注文住宅の費用はハウスメーカーや工務店の坪単価により大きく変動する

2.30坪の注文住宅の費用はハウスメーカーや工務店の坪単価により大きく変動する

ここまで、30坪の注文住宅を建てる際の費用相場について解説しました。

ただし先程も少し説明した通り、家を建てる際の費用は、選んだハウスメーカーや工務店によって大きく異なる点には注意が必要です。

同じ30坪の家を建てた場合でも、選んだハウスメーカーによっては、先程紹介した費用相場からは大きく離れてしまう場合もあります。

たとえば大手ハウスメーカー15社の坪単価を比較してみると、以下のようにかなり大きな差が生じています。

ハウスメーカー別の坪単価

ハウスメーカー

坪単価

アイダ設計

30〜40万円

タマホーム

30〜45万円

アキュラホーム

30〜50万円

秀光ビルド

30〜50万円

クレバリーホーム

30〜60万円

ユニバーサルホーム

40〜50万円

桧家住宅

40〜60万円

住友不動産

50〜60万円

積水ハウス

50~80万円

一条工務店

55~70万円

三井ホーム

55~80万円

トヨタホーム

60~70万円

ミサワホーム

65~75万円

セキスイハイム

65~75万円

旭化成ホームズ

(へーベルハウス)

70~80万円

上記の表の中では、最も安いアイダ設計が30万円〜40万円であるのに対し、最も高い旭化成ホームズではなんと70〜80万円と、坪単価が倍近く異なっています

選んだハウスメーカーによって建築費用が倍近く違うと考えると、ハウスメーカー選びの重要性と、相場把握の難しさを感じますよね。

注文住宅は、オプションや各ハウスメーカーのプランによっても値段が変わりやすいため、「1.30坪の注文住宅を建てる時の相場は2,820万円〜3,927万円」で説明した費用相場から離れた金額になってしまうケースも多くあります。

では、上記のハウスメーカーで30坪の注文住宅を建てた場合は、一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか。

実際に30坪の家を建てた際のおよその金額を把握できるように、次項では、それぞれのハウスメーカーの金額について見ていきましょう。

3.【坪単価別】30坪の注文住宅にかかる費用一覧

3.【坪単価別】30坪の注文住宅にかかる費用一覧

以下の表は、先程紹介したハウスメーカーで30坪の家を建てた場合に、どのくらいの金額になるのかをまとめたものです。

ハウスメーカー別30坪の建築費用

ハウスメーカー

坪単価

建築費用

アイダ設計

30〜40万円

900万円〜1,200万円

タマホーム

30〜45万円

900万円〜1,350万円

アキュラホーム

30〜50万円

900万円〜1,500万円

秀光ビルド

30〜50万円

900万円〜1,500万円

クレバリーホーム

30〜60万円

900万円~1,800万円

ユニバーサルホーム

40〜50万円

1,200万円~1,500万円

桧家住宅

40〜60万円

1,200万円~1,800万円

住友不動産

50〜60万円

1,500万円~1,800万円

積水ハウス

50~80万円

1,500万円~2,400万円

一条工務店

55~70万円

1,650万円~2,100万円

三井ホーム

55~80万円

1,650万円~2,400万円

トヨタホーム

60~70万円

1,800万円~2,100万円

ミサワホーム

65~75万円

1,950万円~2,250万円

セキスイハイム

65~75万円

1,950万円~2,250万円

旭化成ホームズ

(へーベルハウス)

70~80万円

2,100万円~2,400万円

坪単価が高いハウスメーカーでは、30坪の家を建てた場合の建築費用は2,500万円近くになることがわかります。

しかしそうは言っても、「1章で紹介した費用相場の2,820万円とかなり差があるけれど......」と感じるかもしれません。

上記の表の金額だけを見ると、費用相場よりも安い値段で家が建つのではと思いますよね。

ここで紹介した建築費用はただ坪単価に30をかけたものなので、実際にはオプションや希望するデザイン・間取り・プランによってこれより高い金額となるケースがほとんどです

そのため、基本的に30坪の注文住宅の予算相場は、「1.30坪の注文住宅を建てる時の相場は2,820万円〜3,927万円」で紹介した金額が目安と考えてください。

とは言え「坪単価が高いハウスメーカーを選ぶ=建築費用が高くなる」という点は変わりませんので、予算があまり多くない場合は、坪単価が高すぎないハウスメーカーを選ぶ必要があります。

各ハウスメーカーで建てられる家のイメージや、ハウスメーカーの選び方は以下の記事で詳しく紹介しているため、ぜひあわせて参考にしてください。

大手ハウスメーカーの坪単価一覧|失敗しないメーカー選びの方法解説

4.坪単価だけで30坪の注文住宅の相場を見積もるのは危険

4.坪単価だけで30坪の注文住宅の相場を見積もるのは危険

ここまでハウスメーカー別の坪単価について紹介しました。

ここで注意して欲しい点は、「ハウスメーカーの坪単価だけでは注文住宅の相場を見積もれない」ということです。

坪単価は各ハウスメーカーの価格設定を比較するには便利ですが、坪単価だけで注文住宅の相場を見積もると、実際の建築費用とはズレが生じてしまいます。

坪単価だけでの計算が不適切な理由は、ハウスメーカーによって、本体価格に含まれる金額が異なるためです。

たとえば坪単価が同じ30万円〜50万円の、A社とB社があるとします。

2社は一見どちらに依頼しても同じ金額のように見えますが、実は

  • A社:本体価格に照明やインテリア代が含まれている
  • B社:本体価格は家を建てる金額だけ

といったように、本体価格に含まれている内容が異なるケースがあります。

本体価格はハウスメーカーによって異なる

上記の場合、B社を選んだ場合は建築費用とは別で照明やインテリア代が必要となるため、同じ坪単価のA社と比べて、想像以上にトータル金額が高くなってしまうのです。

そのためハウスメーカーの坪単価だけを見て選ぶと、想像以上に高い金額になってしまい、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうかもしれません。

坪単価だけで注文住宅の相場を把握しようとせず、気になるハウスメーカーに見積もりを依頼して、費用の内訳などを見比べてから決めることをおすすめします。

【見積もりは条件を揃えて2〜3社へ依頼することがベスト】


ハウスメーカーに見積もりを依頼する場合は、1社だけでなく、比較できるように2〜3社へ申し込むことがおすすめです。また見積もりを申し込む際は、なるべく同じ条件を伝えましょう

30坪などの広さだけでなく、希望の間取りやデザイン・こだわりたい設備や場所などがあれば、なるべく同じ条件を伝えて見積もりを申し込みます。

上記は値段に大きく関わる部分なので、異なった条件を伝えると、せっかく複数社に見積もりを出しても比較ができません

建てたい家の条件を決まっている範囲で見直し、条件を揃えて見積もりを申し込んでみてください。

5.【建築費用別】30坪の注文住宅の費用実例

5.【建築費用別】30坪の注文住宅の費用実例

30坪の注文住宅のおおよその費用がわかったところで、気になるのが家のイメージですよね。

どの程度の費用をかければ自分の理想の家は建てられるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、30坪の家の実例を3つ紹介します。建築費用や坪単価もあわせて紹介しますので、どのような家を建てられるかぜひチェックしてみてください。

ここで紹介する30坪の家の建築費用

特徴

1,500万円〜1,999万円

1〜2ヶ所程度であれば設備のグレードアップが可能

2,000万円〜2,499万円

外壁や設備・間取りなどに自分の希望を多く反映できる

2,500万円〜2,999万円

設備のグレードアップや外壁・家の形などを希望通りにできる

5-1.【建築費用1,500万円〜1,999万円】広々としたLDKが中心となった、家事動線や収納を重視した生活しやすい家

1件目は、1,500万円〜1,999万円の2階建ての家です。

ハウスメーカーは、ローコストながら高い品質で知られるレオハウスです。

1階部分に水回りを集中させ、パントリーやウォークインクローゼットで適度な収納スペースを設けるなど、費用を抑えながら暮らしやすさへの工夫が見られる家です。

1,500万円〜1,999万円で建てられる30坪の注文住宅の特徴

  • 建築費用は抑えながら、水回り等設備のグレードアップが可能
  • より坪単価の安い家と比較すると、気密性や耐震性能が向上する

5-1_1

出典:SUUMO

本体価格:1,500万円〜1,999万円

延床面積:99.77㎡(30.1坪)  ハウスメーカー:レオハウス

【1階間取り図】

LDKが中心となった、生活しやすい間取り。玄関には土間続きの収納を設けたほか、階段下収納・パントリーなど、限られたスペースを活かして収納も充実。

5-1_2

出典:SUUMO

5-1_3

出典:SUUMO

5-1_4

出典:SUUMO

【2階間取り図】

日当たりと風通しの良い主寝室は、室内干しができる設計に。また主寝室には窓のあるウォークインクローゼットを設け、衣類を収納しやすいつくりになっている。

5-1_5

出典:SUUMO

5-1_6

出典:SUUMO

5-1_7

出典:SUUMO

5-2.【建築費用2,000万円〜2,499万円】無垢材をふんだんに使用したナチュラルな雰囲気が魅力的な家

2件目は、2,000万円〜2,499万円の2階建ての家です。

ハウスメーカーは、高性能な床や全面床暖房で注目を集めるユニバーサルホームです。

外壁や設備にもこだわり、家族が快適に過ごせるように考え抜かれた間取りが採用されています。

2,000万円〜2,499万円で建てられる30坪の注文住宅の特徴

  • 好みにあわせた間取りを採用できる
  • 設備のグレードをアップできる
  • 外壁や家の形を複雑にできる

5-2_1

出典:SUUMO

本体価格:2,000万円〜2,499万円

延床面積:99.19㎡(30.0坪) ハウスメーカー:ユニバーサルホーム

【1階間取り図】

トイレや浴室などの水回りは1箇所にまとめてコンパクトに。広々としたLDKでゆったりとくつろげる間取り。

5-2_2

出典:SUUMO

5-2_3

出典:SUUMO

5-2_4

出典:SUUMO

【2階間取り図】

ウォークインクローゼットの入り口に書斎を設けることで、空いたスペースを活用。クローゼット内など適度に小さな窓を設置することで、採光や通風のよい作りになっている。

5-2_5

出典:SUUMO

5-2_6

出典:SUUMO

5-2_7

出典:SUUMO

5-3.【建築費用2,500万円〜2,999万円】屋根のデザインにとことんこだわったモダンでスタイリッシュな家

3件目は、2,500万円〜2,999万円の平屋です。

ハウスメーカーは、ヤマダ電機のグループ会社で保証も充実しているヤマダホーム。

特に外壁と家の形にこだわり、外構も整備してあります。30坪を目一杯活用した、暮らしやすい間取りの家です。

2,500万円〜2,999万円で建てられる30坪の注文住宅の特徴

  • 家の形や間取りを複雑にできる
  • 耐久性の高い素材を使用できる
  • 床材などの素材にこだわることができる

5-3_1

出典:SUUMO

本体価格:2,500万円〜2,999万円

延床面積:102.27㎡(30.9坪) ハウスメーカー:ヤマダホーム

【間取り図】

ワンルーム感覚の広いリビングを中心とした、生活しやすいレイアウト。30坪の延床面積を目一杯活用し、広すぎず狭すぎないちょうどよい空間を維持する間取りに。

5-3_2

出典:SUUMO

5-3_3

出典:SUUMO

5-3_4

出典:SUUMO

5-3_5

出典:SUUMO

5-3_6

出典:SUUMO

6.30坪の注文住宅の費用が相場を大きく超えないために押さえるべきポイント3つ

6.30坪の注文住宅の費用が相場を大きく超えないために押さえるべきポイント3つ

繰り返すようですが、注文住宅はオプションや選んだ材質によって予算を簡単に超えてしまいます

理想の家について色々と考えているうちに、気がついた時には100万円オーバーしているなど、予算を大幅に超えてしまうケースも少なくありません。

せっかくのマイホームなのに、「こんなはずじゃなかったのにな......」と家を建てたことを後悔したくないですよね。

家づくりで後悔しないためには、なるべく予算を意識しながら間取りや設備を選ぶことが重要です。

ここでは、予算を大幅に超えないための3ポイントを紹介します。

費用を抑えるためのポイント

  • 部屋数や窓の数を減らしてシンプルな間取りにする
  • 水回りをまとめる
  • 素材にメリハリをつける

6-1. 部屋数や窓の数を減らしてシンプルな間取りにする

最も取り組みやすいポイントは、部屋数を減らしてシンプルな間取りにすることです。

部屋数が多いと、部屋数分のドアや壁材・壁紙などが必要になるため、部屋が少ない場合と比べると建築費用が高くなりがちです。

予算を超えそうになってしまった場合は、

  • 必要なさそうな部屋はカットする(部屋数を最小限にする)
  • 部屋が必要な場合は、パーテーションを設置して大きな部屋を区切る

などの工夫により、費用を節約できないか試してみてください。

また窓が多い場合も、窓の設置費用がかかるため費用が高額になりがちです。

窓の数を減らせない場合は、窓の大きさを小さくするだけで費用を削れるケースもあります。

「窓は多い方がいいから減らしたくないな」と思う場合は、北向きの窓を換気用として小さくするなど、できる範囲でのサイズの見直しを行ってみてください。

6-2. 水回りをまとめる

水回りを1階と2階に分けている場合は、水回りを1フロアにまとめてみてください。

水回りとは、その名の通りお風呂やトイレ・洗面所などの水を使う設備のことです。

水回りが分散していると、給排水管を伸ばす必要があるほか、排水管が複雑になるため、工事費が高くなりがちです。

トイレを1階と2階の両方に設置する人も多いですが、費用面を節約したい場合は、なるべく水回りは1つのフロアに設置することがおすすめです。

6-3. 素材にメリハリをつける

使う素材にメリハリをつけることも、節約に役立つポイントの1つです。

壁紙などの材質を1つ1つ選べる点は注文住宅のメリットですが、材質にこだわるあまり、予算を大幅に超えてしまうことも多いです。

「この壁紙、すごく気に入ったけど値段が他と比べると高い......でも諦めたくないな」と思うこともあるでしょう。

上記のように高いけれど気に入った素材があった場合は、その素材を使う場所と、使わない場所を明確にすることがおすすめです。

たとえば、

  • リビングや寝室などいつも目につくところ:気に入った素材を使用
  • クローゼットの中など普段あまり目に触れないところ:ワンランク下げた素材を使用

などのように素材を使い分けることで、トータルの金額を抑えられます。

普段あまり目に触れない部分や、子どもが遊ぶスペースなど一定期間での交換が必要と考えられる部分は、あまり高くない素材を使って、コストダウンに取り組んでみてください。

【安全性に関わる部分の節約は避ける】


予算内に抑えるため削減は重要ですが、家の安全性に関わる部分は絶対に費用を削らないようにしましょう。

トータルの費用を抑えたいからと、安全性に関わる部分までコストを下げると、家の耐久性が下がってしまい長く住むことができません

以下のような部分は節約をせず、良い材質を使用することがポイントです。

  • 基礎工事費用
  • 耐震性能
  • 断熱材
  • 防犯面(ドアやカギなどのセキュリティ対策)
  • 外壁

予算を超えてしまいそうな場合は、あまり目立たない部分の壁紙や間取りなど、快適に住むために影響のなさそうな部分を選んでコスト削減に取り組んでみてください。

7.30坪の注文住宅を建てる際の建築業者の選び方

7.30坪の注文住宅を建てる際の建築業者の選び方

ここまで、予算相場や予算内に収めるためのポイントについて紹介しました。

家の大体のイメージが決まってきたら、建築業者をどこにしようか迷いますよね。

あまり予算がないと「とにかく坪単価が安いところ」と考えてしまいがちですが、先述の通り、「坪単価が安い=安い家が完成する」とは限りません

また安さだけで選んでしまうと、住み始めてから雨漏りなどの不具合が発生するなど、満足できない仕上がりになってしまう可能性もあります。

最後に30坪の家を建てる際の建築業者の選び方を紹介しますので、本格的に家づくりに取り掛かる前に目を通してみてください。

建築業者の選び方

  • アフターサービスや保証内容まで確認する
  • モデルハウスだけを見て決めない
  • 知名度だけで判断しない

7-1. アフターサービスや保証内容まで確認する

ハウスメーカーや工務店を選ぶ際は、どうしても完成イメージや坪単価に目がいきがちです。

もちろん「どんな家が建つか」も重要ですが、必ずアフターサービスや保証内容も確認するようにしましょう

アフターサービスや保証とは、建てた後に壊れた部分を直したり、定期点検をしたりするサービスのことです。

注文住宅を建てた後は、引っ越さない限りずっとその家に住むことになります。

建てたばかりの頃は快適に住めても、後から雨漏りなどのトラブルが発生する可能性は十分に考えられますよね。

家を建ててから最低10年間の保証は法律によって義務付けられているものの、大手のハウスメーカーでは、10年以上の長期保証が付帯しているケースも多いです。

ただしアフターサービスや長期保証期間は、各業者によって異なります

「建築費用が安い=アフターサービスが少ない」という訳ではありませんが、やはり坪単価の高いハウスメーカーの方が、保証内容が充実している傾向にあります。

たとえばセキスイハイムでは、以下のような保証やアフターサービスを提供しています。

セキスイハイムのアフターサービスの内容

  • 最長保証期間:30年
  • 住まいに関する問い合わせ:24時間365日対応
  • 定期点検:無償で60年間実施

家を建ててから60年後まで定期点検があると考えると、安心できますよね。

アフターサービスの内容は、担当者に尋ねてみるか、インターネットで「ハウスメーカー名 保証」と調べてみるとわかります。せっかく建てた家を守るためにも、保証内容やアフターサービスは必ず確認しましょう。

7-2. モデルハウスだけを見て決めない

モデルハウスだけを見て建築業者を決めないことも、気をつけるべきポイントの1つです。

注文住宅を建てるにあたって、モデルハウスの見学に行く人は多いでしょう。

もちろん、モデルハウスの見学はイメージの確認のためにも重要ですが、モデルハウスと実際の家は大きさが異なる点には注意が必要です。

モデルハウスと一般の家では、以下のように2倍近い違いがあります。

  • モデルハウス:80坪
  • 実際の注文住宅:40坪

よってモデルハウスだけを見て間取りや雰囲気を決めてしまうと、

「こんなにリビングが狭かったっけ?」「なんだか1部屋がすごく狭くなってしまった」

など、後から住みにくさを感じる可能性があります。

またモデルハウスに設置されている設備は最新のものばかりなので、同じような家を建てようとすると、予算を大幅にオーバーしてしまうかもしれません。

モデルハウスを見て気に入った場合は、実際にそのメーカーで建てた人の意見を聞いたり、可能であれば家の中を見せてもらったりすることをおすすめします。

7-3.知名度だけで判断しない

知名度だけで判断しないことも、業者選びで重要な点です。

「テレビコマーシャルで何度も見たことがあるから」「誰でも知っているから」といった理由で、他のハウスメーカーを見ずに建築業者を決めてしまう人もいます。

しかし、有名だからといって必ずしも希望通りの家を建てられるとは限りません

知名度だけで判断しない

「他のメーカーに見積もりを申し込んでみたら、同じ間取りやプランなのに数十万円も差があった!」といったケースも多いです。

有名なハウスメーカーが高い理由は、充実したプランを提供しているだけでなく、広告費を多くかけているためです。

他の業者にも目を向けてみれば、もっと親身になって相談にのってくれる業者や、自分のイメージに近い家をたくさん建てている業者が見つかるかもしれません。

特に工務店は、ハウスメーカーよりも細かな要望に対応してくれる場合もあります。

「高い=希望通りの素晴らしい家が完成する」とは限らないので、聞いたことのない会社だと思っても、見積もりを申し込んだり、話を聞いてみたりすることをおすすめします。

8.業者選びの前にそもそもいくらローンを組めるかを把握しておくことが重要

8.業者選びの前にそもそもいくらローンを組めるかを把握しておくことが重要

注文住宅を建てる際には、ハウスメーカーを選ぶだけでなく、住宅ローンの借入額がいくらか初期段階で確認しておくことが重要です。

ハウスメーカーを選んだり、モデルハウスの見学に行ったりした後にローンを申し込み、「希望額が通らなかった!」とショックを受ける人は多いです。

希望額を借入できなかった場合は、すべて1からやり直しになり、今までの契約や見積もりが無駄になってしまいます。

せっかく家についてあれこれ考えたのに、また最初から考え直すことになったらがっかりしてしまいますよね。

無駄な時間を過ごさないためには、自分のローンの借入可能額がいくら位なのか、事前に確認しておきましょう。

最初に借入可能額を把握しておけば、自分にあった無理のない返済計画を立てられるだけでなく、限られた予算内で理想の家を建てやすくなります。

「注文住宅を建てたいな」と考え始めたら、まず借入可能額や返済計画を明確にしておきましょう。

【静岡県に家を建てるひと、必見!】「建てピタ しずおか」
新築お祝い金をプレゼント!!!

スマートな、注文住宅づくりは、建てピタ しずおか

9. まとめ

この記事では、30坪の注文住宅を建てた際の相場について解説しました。

30坪の注文住宅の費用相場は、以下の通りです。

30坪の注文住宅の予算相場

ただし注文住宅を建てる費用は、以下のように選んだハウスメーカーの坪単価やオプションによっても大きく異なります

ハウスメーカー別30坪の建築費用

ハウスメーカー

坪単価

建築費用

アイダ設計

30〜40万円

900万円〜1,200万円

タマホーム

30〜45万円

900万円〜1,350万円

アキュラホーム

30〜50万円

900万円〜1,500万円

秀光ビルド

30〜50万円

900万円〜1,500万円

クレバリーホーム

30〜60万円

900万円~1,800万円

ユニバーサルホーム

40〜50万円

1,200万円~1,500万円

桧家住宅

40〜60万円

1,200万円~1,800万円

住友不動産

50〜60万円

1,500万円~1,800万円

積水ハウス

50~80万円

1,500万円~2,400万円

一条工務店

55~70万円

1,650万円~2,100万円

三井ホーム

55~80万円

1,650万円~2,400万円

トヨタホーム

60~70万円

1,800万円~2,100万円

ミサワホーム

65~75万円

1,950万円~2,250万円

セキスイハイム

65~75万円

1,950万円~2,250万円

旭化成ホームズ

(へーベルハウス)

70~80万円

2,100万円~2,400万円

もちろんハウスメーカーの坪単価を確認することは重要ですが、坪単価だけで30坪の費用相場を見積もらないように注意してください。

よって30坪の注文住宅の相場は、基本的には先程も紹介した以下の金額だと考えることをおすすめします。

  • 土地を既に持っていて、建築費用のみが必要な場合:2,820万円
  • 土地ををこれから購入して家を建てる場合:3,927万円

また建築業者を選ぶ際には、以下のような点に気をつけて選ぶことで、理想の家を立てやすくなります。

建築業者の選び方

  • アフターサービスや保証内容まで確認する
  • モデルハウスだけを見て決めない
  • 知名度だけで判断しない

「有名だから」「安いから」といった理由だけで選ばず、保証やプランなどの様々な点を比較して決めることが重要です。

この記事を参考に、あなたが30坪の注文住宅を理想通りに建てられることを願っています。

記事を共有する